FC2ブログ

ふたりのバレンタイン9《最終話》 - 03/08 Fri

trackback (-) | comment (0) | 青春はプールの中で 番外編
「あー、マジでなんかすごい久々にやった!って感じな」

バスルームから出て柿内の部屋で何度したのか判らない。体を拭く時間さえも惜しくて求めあい、ぶつかり合い、何度も達した。優しく抱き締めてくる柿内の腕を撫でると顔を上げる

「柿内?」
「こっち向くな」
「なんだよ」
「このままで・・・」
「なんだよ。オレの顔見たくないとか賢者タイムすぎんだろ」

さっきまでの甘さはどこへ行ったのかと冷たい柿内に唇を尖らせて判りやすく拗ねた柚木に違ぇと柿内の低い声が頭の上で響く。知っている。優しくて愛しい恋人。冷たいだなんて思っていない

「ユズ」
「んー?」
「・・・てる・・・ぁ・・・愛してる」

照れ屋の恋人。悪態を吐いて喧嘩をしながらふざけ合っている方が気が楽で2人には向いているし、お互いにそれが自然だと思っているからたまにこうして伝えられる言葉が酷く恥ずかしい

だからいつもだったらすぐに茶化しにかかる柚木だけれど今日は違う。なんせバレンタインだ。自分も気持ちを伝えるべきだと柿内の背中を強く抱き寄せた

「オレも愛してるよ」
「っ・・・クッソこっち見んな」
「照れてるお前もすげぇ愛しい。可愛くて誰にも渡したくない。誰にも渡さない」
「っ・・・もう、そ、いうの・・・イイから」

恥ずかしくて離れようとした柿内を引き寄せる

「お前に酷いことしたオレだけど、あん時ホントどん底だった。でも、今、またお前とこうしていられるオレは幸せ者だ」
「・・・オレは・・・なぁ、今、あんた幸せ・・・なのか?」

自信なさそうに言う柿内の頭をぐしゃぐしゃかき回す

「幸せ!お前も幸せだろ?」
「そりゃ、オレは・・・な。でも、ほら、あんたを泳ぐの誘った癖に仕事ばっかで一緒にまともに泳ぎに行くこともできねぇし、ロクに顔も合わせられねぇし、なんつーか、ほら、どこにも連れてってやれてねぇっつーか」

柚木は柿内に愛されている実感がある。その愛されている事実こそ幸せを感じられるもの。柿内にもそれを味わって欲しい
柿内に自信がないのは昔からだけれど、大人になった今もまだ自信がないのは自分のせいもあるんじゃないかと思う。自分勝手に柿内から離れたから・・・だからゆっくりでもいい。愛されている事実を理解してけばいい。これから時間をかけてゆっくりゆっくり理解し、柚木が今感じている幸せを実感できればいい

「柿内、お前ユズって呼んだり名前で呼んだり安定しないなぁ」
「それはあんたもだろ!っつかなんだよ。オレは・・・話またすり替えやがって」
「おう。でもオレらの中でこれが自然なんだって思ったらこういう所までなんかすごい幸せに思えてさ。すげぇ小さいことも幸せって思えるのはお前と離れてた時間があったからかも。当然だと思ってたことがなくなってお前がここにいてこうしていられることが幸せ。確かにもっとお前といたいなって思う時はあるけどオレら子どもでもないしそもそもオレは男だ。仕事大事なのも楽しいのも判るから。大丈夫。お前の愛情、オレ、誰よりも判ってる。伝わってる」

柿内はそっと柚木の体に顔を埋めると熱い頬を擦りよせた

「なぁ、もうずっと前だけどさ、バレンタインだったよな」
「・・・」
「雨の中走ってオレの家来てさ、柿内がオレにちゃんと告ってくれたの」
「っ・・・忘れろよ」
「バーカ。忘れるわけない。あの日があったから今幸せなんだって、あの日告ってくれなかったらオレは本当に分かり合える相手なんて見つけられずに適当に生きているに違いないんだ」

熱い頬が余計に熱い。柿内にとっても忘れられない日。あの日からずっと夢が続いているんじゃないかと疑った日々。そして失って幻だったのだと自分に言い聞かせ諦めた日々。思い出せば出すほど胸が苦しくて今の幸せを改めてありがたく思う

「だから、愛してる。紀行」
「流っ・・・ありがと・・・無理させてごめん」

心配しすぎだし、そもそも誘ったのは自分だと笑った柚木はポンと柿内の頭を叩く

「な、ホワイトデーは3倍返しだよな?」
「あ?」
「ま、クッキーとチョコプリンは交換ってことにしてもだ!今の甘い時間は?オレからのバレンタインプレゼントだろ?」
「は・・・はぁ?!」
「ホワイトデー!3倍返しっ!頑張れっ!柿内っ!」
「いや、ちょ、そういう意味で言ってんなら無理だぞ?なぁ!ユズ!なぁって!」

あぁ、これは本気だろう。ホワイトデーは何をどう求められるのかと思うとやっぱり永遠に勝てないと思う。でも、永遠に勝てなくていい。ずっと追いかければいいから。追いかける背中が目の前にある。それだけで幸せだから







青春はプールの中で 番外編
ふたりのバレンタイン おしまいおしまい










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

    ≫ read more
スポンサーサイト



ふたりのバレンタイン8 - 03/07 Thu

trackback (-) | comment (0) | 青春はプールの中で 番外編
甘い香りがバスルームに充満していて響く水音

いつもよりも口数がお互いに少ないのはこの状況を壊さないように

お互いの雄を擦り合わせて潤滑油で滑りやすくなった肌をぬるぬると合わせる。ここに言葉なんて要らない

今日は要らない

「ノリ、そこっ、もっと強く」
「ん・・・」

快感に身を委ねていれば自宅のバスルームだとか茶化すこともない無言ばかりで苦しいこの空間もどうでもよくなる

「ん・・・ぁ?」

柿内の指が後ろへと滑っていくのに肝心の内部へは触れられないことに顔を上げると怪しげな光に照らされた柿内。雄の顔をした柿内の姿

「中、イイか?無理しないから。明日に響かねぇようにすっから」
「・・・」

誘ったのは柚木。柿内もその気で柚木の誘った真意なんて理解していると思ったのに、いい大人なんだし恋人なんだからそこまで許可を取る必要なんてないはずなのにと柚木はそっと両腕を上げると柿内の身体にしがみつく。愛しい男。誰にも渡したくない男

「そのつもりでもう準備してあるから。このまま突っ込め」
「っ・・・流、キツかったら言え」
「ん」

平気。キツくても痛くても柿内だから平気。そんな言葉は女々しくて一生言える気はしないけれど言わなくてもいつか理解してくれることを願う

いつだって男らしくありたい。そう願う柚木がこんなことを許すのは柿内にだけ。それを柿内も判っているはず

「クッソ。準備ってあんたこれどんだけ・・・ぁー・・・クソ。 もー・・・クッソ柔らけぇ・・・」
「ふはっ!いーよ。好きにしろよ」
「ふっ・・・すげっ・・・気持ちイイ」

この顔を独り占めしたい・・・恋人に戻ったのに離れていた時間が長かったから数ヶ月経った今でもこの瞬間心が震える。何故あの時手放せたのか、手放してしまったのかと後悔しかない

「バ・・・やめろよ・・・あんたにまた無理させちまう」
「何?」
「奥、ワザと開こうとしてんだろ・・・ぁ、マジやめて。っ・・・流っ・・・煽んなっ」

柚木は微笑みながら柿内の腰へ足を絡ませる

「欲しいって体がお前求めてんの判んねぇ?」
「っ・・・クッソ。知らねぇ!もっ、オレも無理」

最奥の奥。体の内側から全て暴かれる感覚。自分の内臓が熱い塊を包み込もうとしている
人の体温で火傷するだなんてあり得ないハズなのに腹の内側が焼ける様に熱くて苦しいのに悦くなっていく自分が恐ろしく感じる

「っ・・・ふっ・・・ぅ・・・ゆっくりっだっ!苦しっ」
「っ、悪ぃ・・・も、ムリ」
「ぇ・・・あ・・・ノリ・・・ノリぃ・・・熱いぃー」
「煽ったのはあんただっ・・・気持ちよすぎてっ・・・も、達きそ・・・止められねっ・・・」
「っ・・・んんっ・・・イイ・・・イイっ!」

今、柿内を感じさせているのは他の誰でもない自分なのだと実感できる瞬間、この男が自分のものだと改めて実感できる時間。甘い匂いも音が響くバスルームもいつもと違う照明もお互いの甘い吐息も全部昂りに導いていくものだった










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

    ≫ read more

ふたりのバレンタイン7 - 03/06 Wed

trackback (-) | comment (0) | 青春はプールの中で 番外編
いつもより遠く感じた部屋に入る。バスルームに直接来い。そう言われたからコートとジャケット、そしてスラックスもリビングのソファーへ投げ捨て、走って切れた息を整えながらバスルームへの扉を開けた

でも、バスルームは暗くて、いや、薄暗くて。リビングは電気が付いていたから余計に電気の付いていない洗面所と明らかに暗いバスルームが急に怖くなってネクタイを外しながらバスルームのドアを開ける
いつだってそう。嬉しいことを期待しているとき、よくないことが起こるのを想像する。最悪の事態を想像してしまう。何度も忘れようとしたけれど、大学3年の時に柚木にこれからもずっと一緒にいたい。そう告白を決意したあの日が最悪の事態として頭に過る

「・・・ユズ?」
「おかえりー」
「・・・ぶっ・・・はっ!なんだよこれ!」
「雰囲気作り」

柚木がいないんじゃないかと思いながらドアを開けたけれど風呂に浸かった柚木が迎えてくれて普段置いていない怪しげに光るランプに思わず吹き出し、柚木がいたことに心から安心した

「まぁ、いいから入ってあったまれよ」
「・・・っつか、どうしたんだよ。これ」

床にはエアマットが置いてあるしいつもと明らかに違う様子のバスルームを柚木が作り出したのだと思うと笑いがこみ上げてくる

「んー、買ったのとか貰ったのとか・・・ほら。早く入れ」

湯船から立ち上がった柚木と代わる様に暖かい湯に浸かると思わず吐息が漏れる

「えっろ」
「あ?」
「お前いちいちエロいんだよなー・・・ホントオレは心配だー」
「なーにが心配だ・・・あんたがエロいことばっかり考えてるからそう見えるだけだろ」
「いーやぁ?大体なぁ、お前が男にあり得ない程モテるのが証拠だろ?お前が意識してないところがまたエロい」
「だったら・・・」

自分よりも柚木の細い腰だとか骨張った体の方がよっぽど・・・と思ったけれど、それは柿内の性癖のせいだと言われるのが判っていたからそのまま口を閉じた

「さぁ、お客様、こちらへ」
「なんだよ」
「よくわかんねぇけどソープごっこ?」
「知ってんの?」
「いや、知らない。お前行ったことある?」
「ねぇよ」

柿内が吹き出しながらも立ち上がりエアマットへと移動する

「すげぇ甘い匂い」
「だな」
「やべぇ。このライトにこの匂い!すっげぇ笑えてくるんだけど」
「やめろ。あんたが笑ったらオレまで笑う」
「ってことはお前もこの状況おかしいと思ってんだよな?」

体は確かに反応し始めているのに、気持ちもその気になっているのにこのおかしな状況に顔を見合わせると2人で同時に吹き出す

「やべぇ!ダメだ!ツボった!」
「クソっ!だからこういうのイヤなんだっつーの!部屋で仕切り直ししよ・・・」
「いや、待てってー。柿内ぃー」

ローションで滑らないように気をつけながら立ち上がった柿内の腕を掴むと結局滑って柚木に覆いかぶさるように転ぶ

「大丈夫か?」
「ん・・・」
「・・・」

確かにこの状況はおかしくて笑えてくるのだけれど薄暗くライトアップされ、滑る肌、甘い匂いに柿内は飲まれるように柚木に唇を落とす

「・・・クッキー、すげぇ美味かった」
「ん、チョコプリンも美味かった」
「ありがと」
「・・・ん」

普段ふざけあっているから余計に真面目な柿内の顔が真っ直ぐ自分を見てくることにまだ慣れない

ずっと恋をしている気分だった。愛されていて付き合っているのに柿内の真っ直ぐな顔を見ると10代の高校の頃に戻ったように苦しくなる

「ユズ・・・したい・・・オレ・・・」
「あぁ、しよう?」

いつもの様に茶化してしまいそうになったのを飲み込むとそっと柿内の背中に腕を回した







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

    ≫ read more

ふたりのバレンタイン6 - 03/05 Tue

trackback (-) | comment (0) | 青春はプールの中で 番外編
主体になって動いていた柿内と上津がこの後の予定のためにいつも以上に真剣に立ち回っていたせいか思っていた終了時間のだいぶ前に本稼働へのシステム切り替えが終わった

「・・・柿内ー、時間やばくね?」
「逆にな・・・なんだこれ・・・昨日までのはなんだったんだ」
「それはアレだろ?ドーピング?やーっぱ手作りクッキーの威力違うなぁ?」
「あ?」
「普段間食しない柿内が集中力切れそうになると席立ってなんか食ってると思ってたけどそれが原動力だろー?うわぁ!あたしやばい!探偵になれる!やっばい!超探偵っ!」

奪われたり茶化されるのが嫌で席を離れて食べていたというのに結局バレていたことに恥ずかしくなる

「はぁ・・・手作り・・・な」
「早く終わったことだし今から帰って作っても間に合うぞ。なんなら速攻でできる菓子のレシピなんか教えてやろうか?」
「っせぇよ!もう作ったっつーの!」
「お前が?」
「あーあーあーあーどーせ見た目に反して以外にも趣味はお菓子作りですよー」
「仕事以外にも趣味あったんだな」
「あー!クソ!お前にもやろうと思ってたけどやらんっ!」

上津の顔を見ると手を差し出す

「欲しい欲しくねぇとかじゃなくて純粋にお前がどんなの作るのか興味あるし、そもそも見た目が関係ねぇことくらいオレが1番判ってんの知ってるだろ」

柿内自身、料理をすることが得意なのは多分周りから見たら意外すぎる一面だろうから

「しょーがねぇなぁぁぁーーー!3倍返しだからな!」

上津が出した袋を受け取るともう1度時計を見上げて「帰るか」と呟き立ち上がった

「お先」
「おー!あたしもこれ配ったら帰る」
「ん。また明日」

手をあげると職場を出て早足で帰路に着く

帰るときに連絡をしろと言われていたのを思い出して電話をすると柚木の声が耳に癒しを与えてくれるようだった

『おう!どー?終わりそ?それともやっぱ今日はもう厳しいかー?』
「今から帰る」
『お前っ・・・ハハっ!マジか!すげぇ!予想外の答えだった!んじゃ・・・風呂で待ってるからそのまま風呂来いよ?』
「ん・・・」
『オレがのぼせないように寄り道せず帰って来い』
「あぁ、走って帰る」
『ふはっ!最高。お前が走って帰るとか!愛してんよ。ダーリン』
「なんだそれ」
『自分で言ってて何言ってんだって笑えて来た』
「だろうな」
『んじゃ、また後で』
「あぁ。また後で」

電話を切ると本当に走り出す。バスルームで待っている。つまりはそういうことだろう。朝見せられたあのローションで思う存分楽しめるという

「っ・・・」

きっと側から見たら不審者だろう。にやけた顔を抑えることもなくスーツのまま全力疾走している男なんてそうそういない

でも他人の目なんて知ったことじゃない。早く1秒でも早く恋人の元へ帰りたかった。早く顔を見て抱きしめキスをしたかった










にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

    ≫ read more

ふたりのバレンタイン5 - 03/04 Mon

trackback (-) | comment (0) | 青春はプールの中で 番外編
いつもより早い出勤時間に柿内は出て行った。何としてでも今日帰ってくるために早くから作業をする気なのだ

出かける寸前に思い出したようにテーブルに出されたチョコプリンを食べながら溜息を吐く

「美味いけどひとりで食うもんじゃないってあいつなんで判んないんだろーなぁー」

簡単なもので悪いけど。そう言っていたけれど味は間違いなかったし、美味しいと信じていたもの。でも柿内のいるところで食べたかった。誰が誰のために作って誰と食べるのか。その誰と食べるのかが1番大事なのだと改めて感じる

「絶対に早く帰って来いよ」

柚木は小さく呟くと自分の女々しさにおかしくなってきてふふふと笑うと仕事へ行く準備をした









出社した柿内が明らかに機嫌がいいのはフロア全体が察したこと

「なぁ、柿内ー、ここさぁ、なーんか気付いちゃったんだけどーあたしここの数値ミスってたー!アハハー!どーすんよー?みたいなー?」
「ん、やっとくから見せて。直せそうだから言ってきたんだろ」
「・・・マジかよ」
「あ?」
「いや、柿内やべぇっしょ!そーんなにすごいプレゼント貰っちゃったわけ?!機嫌良すぎて偽物っぽい!っつか偽物だな?本物を出せ!」
「なんだよ。別に」
「いーや!あたしがミスしちゃったぁーとか笑ってたらいっつも激おこじゃん!なのにやっとくから見せてだぁ?こっちの気が失せるっつーの!プレゼント貰えて気が抜けてるやつにゃ任せてらんないよなぁ」

機嫌が悪いことを咎められるならまだしも機嫌が良いことを咎められるとは思わなくて溜息を吐き出しかけて今の幸せが逃げることを恐れて代わりに首を回す

「早く帰らなくちゃいけねぇから早く見せろ」
「・・・なーにー?今日帰ったらいーことあんのー?ヤダ柿内くんたらやーらしー!神聖なるバレンタインにいやらしー!」
「っせぇ!っつか神聖ってなんだよ」
「え。マジ引く。当たったし」
「だから・・・うっせぇんだよ・・・」

今夜の予定を見透かされて頭を掻く

再び恋人になれた柿内と柚木だったけれど一緒に暮らしていても時間のすれ違いは多い生活。それでも休みの日は共に泳ぎに行ったりして充実はしていたけれど恋人としての時間はそんなに多くない

例え、明日がまだ平日で仕事があるとはいえ、あれだけ煽って来たのだから期待したっていいはずだ

「んじゃあ、これ、任せてイイ?柿内のが悔しいけど早く直せそうだし」
「ん」
「・・・あー!もーーー!何としてでも早く帰らせてやんなきゃいけねぇってなんじゃん!イイ!あたしが直す!上津様のすごさ見とけ!あたしだって本気出しゃすごい速さなんだから」
「・・・」

すごいのならミスするなよ。と思いながらも柿内は上津の優しさに笑う

自分と同じ不器用な人間。素直に優しくするのが恥ずかしくて照れ臭くて言葉も態度も悪印象になってしまうけれど上津のことはもう、頼りにしている仲間

「上津」
「あぁん?」
「バレンタイン、お前も彼氏に用意してんだろ?今日中に渡せるよーに頑張ろーぜ」
「!!!・・・うっせぇよ。判ってんだよ。この野郎!今日は定時上がり目指すんだっつーの!」
「仕事人間のお前が定時とか伏線張るなよ。バーカ」
「うるさい。仕事人間とか柿内にだけは言われたくない」

あぁ、やっぱり上津も今夜の予定に焦っていたのかと再び笑った









にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

    ≫ read more