FC2ブログ

獣6 - 04/22 Wed

trackback (-) | comment (2) |
「最初っから言ってるでしょ?」


「あんたじゃないって」


「だって、あたしだから」


「あいつ殺したの」


目の前で幸せが壊れる

誰だ?

この目の前で笑っているのは・・・


「あたし、あいつに言われたの。『男は獣だ』って」


「だけど、カンニングぐらいで脅してあんたに迫るのを見てた」


「獣はあいつのほう」


知っている。


全部この目の前にいる奴は知っている・・・


全て丸飲みしてくる獣・・・


「あたし、あの時まだ小学生だったからあいつ殺したところで、バカな振りしてたら大した罪にならないかなぁ・・・とか思ってた」


誰だ・・・


佳世子はどこだ


昨晩腕の中に抱いた佳世子は・・・


「凶器は裁ちバサミ。家庭科で使ってたやつ。『お母さんのお腹にいるって言う赤ちゃんを出してあげようと思ったの』って言うつもりだったんだー」


鳥肌が全身に広がる


寒い・・・のか?


怖い


怖い


「だけど、あの日、運悪くあんたが来ちゃった。発見しちゃった」


「お腹に突き刺したハサミも手に取っちゃった」


「ダメだよ。証拠に触ったらー」


怖い


怖い


「あたし、一目見た時からあんたが好きだった」


「計画狂っちゃったけど、もうあんたはあたしのもの」


「男は獣・・・飼いならすしかない」


「あたしはあんたを飼いならす」


「あんたの人生がずーっとずーっと欲しかった。初めて出逢った時からずーっとずーっと」


獣は・・・





誰だ・・・



川越は目の前の獣に屈するしかなかった。もう、飼われるしかない・・・こうなったら堕ちるところまで一緒に堕ちるしかない・・・この恐ろしい程の・・・



愛は・・・飲みこまれるしかない


<完>


    ≫ read more
スポンサーサイト



獣5 - 04/22 Wed

trackback (-) | comment (0) |
季節は変わる。寒くなっても佳世子は変わらず待っている。

「あ、お疲れー!」

寒さに震える佳世子・・・なぜここまで一生懸命になれるのか・・・

「お前、欲しいものなんかあるか?」
「ん?」

今日のメニューはハンバーグ。ハンバーグをつつきながら川越はそう聞いた。

「あたしの欲しいものはあんたの心だってばー!何回言わせるのー。大好きなんだってばー」

欲がない。簡単に言えばそう。
心なんてとっくに開いていた。ただ、付き合って!という言葉に頷けないだけ。
毎日一生懸命に作ってくれる飯は美味しかったし、毎日迎えに来てくれる佳世子がいじらしくて可愛かった。

「オレが・・・買えるもので」
「えー・・・そんなん思いつかないよ」

いつもの答え。
給料日が近付くたびに川越は佳世子に聞いていた。
食費も払わせてくれない。
欲しいものもない。
どうしたらいいのか川越には全く判らない

「・・・いつものショートケーキでいいのか?」
「うん!イチゴのったやつね!」

だから給料日になるとショートケーキを買う。これが習慣。

しかし、今回の給料日はまた別の物を添えて佳世子に出してみた

「・・・え?」
「・・・」

目の前に出されたケーキの箱と紙袋。佳世子が中身を見ると

「マフラー!あったかそー!」
「いつも寒そうにしてるから」
「・・・だ・・・ダメだよ。形に残っちゃうのは・・・あたし、勘違いしちゃうよ?付き合ってくれるかもとか勘違いしちゃうよ?」

マフラーを抱きしめながら言うのだから「それじゃ返してくれ」とも言えない

「・・・いいのか?オレで」
「いいのか?じゃないっ!あんたがいいのっ!」

佳世子に抱きしめられる。
あぁ・・・あったかい。

人と言うものはこんなにもあったかいものだった・・・それを思い出して川越は目を閉じる。

その朝、初めて佳世子は川越の部屋んで目覚める。

「あー、幸せってこーゆーことなんだね」
「・・・幸せ・・・なのか?」
「あったりまえじゃんっ!」
「母親を殺したやつなのに?」

佳世子はまた微笑んで首を振った




    ≫ read more

獣4 - 04/20 Mon

trackback (-) | comment (0) |
給料日が来た次の休みの日、少ない給料を持って佳世子の部屋を訪れた。

「なーに?これ?」
「・・・金」
「なんで?」
「食費」
「やだなー、要らないってばー」

そう言って押し返す。
ここのところ、毎日夕飯を作ってもらい、更には先週から弁当まで作っちゃった。と持たされていた。だんだん彼女のペースにはまってきていた。

「じゃあ・・・お詫び・・・」
「なにー?お詫びって・・・」
「お前の母親を・・・」
「だーかーらぁぁぁ!もー!要らないったら要らなーいっ!あ、悪いと思うならあたしと付き合ってよぉー!」

佳世子の望みは「川越と付き合いたい」ただそれだけだという。

「それは・・・」
「いーよー!あたしのこと好きになってくれたらで!まずは胃袋から掴んじゃうんだからー!あ、今日はメンチカツだからねっ!」

そう言って扉が閉まる・・・
川越はお金の入った袋を持って歩き出した。





「じゃーんっ!メンチカツ来たよーーーーんっ」

夕方、大皿いっぱいに乗ったメンチカツを持った佳世子が部屋にやってきて、川越の目の前にどーんと置いた。

「・・・多すぎる」
「たっくさーん食べてっ!」
「・・・いただきます」

食べても食べてもやはり残ってしまうメンチカツ。美味しいのだが、2人で食べきれる量ではなかった。

「お腹いっぱーいっ!苦しいー」
「・・・これは入るところあるか?」

川越は立ちあがると冷蔵庫からかわいらしい箱を取り出して佳世子の目の前に置く。

「え?!」
「・・・」
「あ、あたしにっ?!」
「あぁ」

川越はタバコに火をつけると目を輝かせている佳世子を見つめる。

恐怖なんてとっくに消えていた。
自分を信じると言う佳世子。毎日好きと言ってくる佳世子に悪い気はしなくなっていた上に、こんなケーキまで買って喜ばせようとしている自分に一番驚いていた。

「ショートケーキだー!わーいっ!嬉しいーっ!」
「腹いっぱいなのに食えるか?」
「やだなぁー別腹!ってゆーのがあるじゃんかー」

喜ぶ姿に思わず微笑む川越。可愛い・・・
自分が犯罪者じゃなかったらとっくに付き合えただろう。彼女の母親を殺したという犯罪者でさえなかったら・・・

殺したのは自分ではない・・・それは自分が一番よく知っている。

だが、殺した犯人にされていた。

「これ以上あんたのこと好きにさせてどーする気よー!もー」
「お前は付き合ってどうしたいんだ?」
「ん?付き合って毎日好きって言う!」

それじゃ今と変わらないじゃないか・・・

そう思って川越はまた微笑んだ

「あとはー・・・うーん。そうだなぁ・・・付き合ってー結婚してー子ども産みたい!」
「・・・」
「そんでねー、毎日あんたと子どもに大好きって言うの」

普通の生活が送りたい。そう佳世子は付け加えた。
普通の幸せな生活が送りたい・・・
それならば相手が川越ではよくないのではないか。母親殺しの犯人と被害者の娘が幸せな生活を送れるものなのだろうか

「あー、もーホントこれ以上入らないー苦しいー!動けなーいっ」

ショートケーキを食べきるとその場で横になってお腹をさする佳世子。

「牛になるぞ」
「女の子にそれは禁句ー!」
「食ったなら帰れ」
「もー!ケーキ買ってくれるくらい優しいのに愛が足りなーいっ」

ぶうぶう言いながらも残ったメンチカツを手にして佳世子は玄関を出る

「おやすみ?」
「おやすみ」

もう習慣になった挨拶。
その習慣に幸せを感じ、怖かった夜が怖くなくなった自分自身が怖くなっていた。幸せになるのは怖い・・・



獣3 - 04/18 Sat

trackback (-) | comment (0) |
佳世子を送る途中で気付く・・・

帰り道が全く同じ・・・

「ここを曲がってー・・・ほーら到着」

彼を襲う恐怖・・・
その恐怖の根源は隣で笑うか弱く見える女。

到着したアパートは川越の借りているアパート。

「さすがにお隣さんは空いてなかったんだよねー。ざんねーん」
「・・・」
「びっくりしてる?ひいてる?でも愛ゆえに!だよ?」

これはなんだ・・・何を求めているのか・・・

「あたし、あの時のチビじゃなくなったよ?」
「・・・」
「好きっ!大好きっ!」

ギュッと抱きしめられる。
久々の抱擁・・・しかし、感じるのは彼女の柔らかさではない。

恐怖

「・・・」
「なんで黙ってるの?あたしのこと忘れた?」
「・・・」
「チビだよ?佳世子だよ?」
「・・・」

それは覚えている。
あの時の少女・・・家に行くといつも見られていた
「お兄ちゃん」
そう呼んできた・・・自分も「チビ」と呼んでいた少女

復讐かとも思った。

母親を殺した復讐かと・・・

しかし、さっきも何も感じない・・・感じるのは・・・



恐ろしい程の愛


「おやすみ?」
「・・・あぁ」

川越は喉の奥から精一杯声を絞り出してそう返事をすると階段を登り始める。金属と靴の裏が当たる音が響く・・・暗い一帯に響く金属音。

パタン・・・

扉が閉まるとまた恐怖が襲ってくる。

ズルズルとその場に座り込むと腹が減っているのも忘れてすぐに横になる。

きっと明日も続く・・・これから毎日続く・・・


翌日、やはり夕方になるといつもの定位置で携帯電話を弄る佳世子を見つける。目が合うと手を振る彼女。

「なんだー?お前の彼女かー?」
「・・・いいえ」

ストーカーですとも言えず、ただ作業に戻る。このまま仕事が終わらなければいい・・・夜が来なければいい・・・

しかし、それでも工場は業務終了してしまう。表に出るとすぐに佳世子は駆け寄ってきた。

「お疲れ様ー!」
「・・・」
「飲み物いるー?あー、クーラーバッグに入れてきたけどさすがにぬるくなっちゃったなぁ」

佳世子が差し出してきたペットボトルを無言で受け取ると乾いていた喉を潤す。懐柔されていく・・・どんどん・・・どんどん・・・浸食されていく・・・

「あとー、今日はカレー作ってきたから後で持って行くね?」
「要らない」
「食べてよー!鍋いっぱーいに作ったの!あたしひとりで食べきれないよっ!」

佳世子はまた腕を体に巻きつけてくる。

「何が目的だ?」
「?」
「お前の母親を殺したのは・・・」
「あんたじゃないよ!」
「・・・」
「判ってるから。刑事さん達は信じなかったけど。あたしは判ってる。あたしだけが判ってる」

信じてる
判ってる

今まで欲しかったのに与えられなかった言葉・・・涙が溢れそうだった。自分がこんなにも飢えていることを実感した。
溢れそうだと思った涙は少しも出て来ない。涙なんてとっくに枯れたのだ・・・飢えて欲しがって・・・そして諦めた・・・

「・・・カレーは好きだ」
「うんっ!」
「お前は・・・大学生・・・か?」
「そーだよー!昼間は大学行って、帰ってからご飯作って迎えに来たっ!」
「・・・」

大学・・・行きたい大学もあの頃あったな・・・と少しだけ思い出しそうになってその想い出を夕飯のカレーを思い浮かべることで掻き消した



思いのほか、カレーは美味しかった。そして、夕食後素直に帰って行く佳世子の目的がますます判らなくなる。

「おやすみ?」
「・・・おやすみ」

そう言って佳世子は手を振って部屋を出て行く・・・真っ暗で1人が寂しい夜が嫌いだった・・・しかし、今日は少しだけそんな夜が違う気すらした。



    ≫ read more

獣2 - 04/17 Fri

trackback (-) | comment (0) |
あれから10年・・・

佳世子は住み慣れた町を離れて大きな音を立てる鉄工所の前に立っていた

ここに彼が要るから。

彼が。

ココで待つのはもう一週間になる

「またお前か・・・」
「もうじき終わる?」
「終わらない」
「そっか」

佳世子はそう言ってまた手元の携帯電話に目を落とす。
何時間待つ気なのか・・・もう話すことはなにもないというのに

辺りが暗くなった頃、街灯もついて佳世子のいる場所だけ照らされる。それはまるでスポットライトのように・・・

「あー充電切れちゃったー」

予備の電池もなくなったため佳世子は仕方なくポシェットに携帯電話をしまうととっくに業務終了して真っ暗な工場を見つめる

会いたくて。彼に

しかし、彼は会ってくれない。避けるばかり・・

彼はあの川越 斉。刑務を終えて出てきた彼が働くここへ通うのは佳世子の最近の日課になっていた

佳世子は長いため息を吐くと道なりにゆっくりと歩き出す

「この道・・・危ねぇぞ」

不意に後ろから声を掛けられ、心が震える佳世子。
振り返らなくても判る声の主・・・忘れるはずがないこの声。

「やっと話しかけてくれたねっ」
「っつか、オレ、ホントにやってねぇし・・・話せること何もないんだけど」
「うん!判ってる!あたしはそれよりもあんたが好きだから来たの!」

佳世子に突然の告白をされて目を丸くする川越。

あれから10年。すっかり大人になった佳世子もこの間成人式を迎えたし、川越もすっかり大人の男になっていた。
昔と変わらず顔は整っていて、暗い影を灯し、更に美しさが増したような気さえした。

「なんで?」
「男は獣なの。でも、あんたは獣に見えないの」
「はぁ?」
「あたしはずーっと好きだった」

佳世子は二コリと笑うと川越に駆け寄り腕を組む。

「ここも突き止めたし、住むところも知ってるよ」
「ストーカーか・・・お前は」

川越はタバコに火をつけると佳世子と暗い夜道を歩きだした。
真っ暗なその道はまるで2人の歩む道そのもの