FC2ブログ

青春はプールの中で13-45 - 06/20 Wed

trackback (-) | comment (2) | 青春はプールの中で
楽しみな予定があると何故か時の流れは遅く感じるもの。それでも日々、仕事や友人と過ごしながら時間は平等に流れて行くもの

「ねぇ!流ちゃん!バレーの忘年会出ないって聞いたけど」
「あぁ。出ない」
「なんで?」
「瑞樹だって出ないだろ」
「いやいや、それはオレ、バレーやってないからだし!」

そういえばそうだった。野球とフットサルは誘った時に乗って来たけれどバレーボールだけはルールも判らないし、興味もないと言われたのを思い出しながら柚木はボールをしまう
それでもいつも大抵一緒にいるからバレーもやっている感覚だったのだ

「カッキーとデート?」
「デートってお前・・・」
「だってどんな誘いもどんとこーいな流ちゃんがキャンセルってさー、相手カッキーしか思いつかないしー!ってかカッキーとってのは否定しないんだねぇ?っていうかさ!っていうかー!大体!バレーやってないオレにも伝わって来るって相当な騒ぎだよー?柚木に彼女できたのか聞いてくれ!だとかさー毎日のように電話とメール来てオレ疲れちゃったー」

新井の言葉に柚木は笑う
メンバーが減るなど心配されているのだとしたら求められている証拠だから嬉しいこと
どこかで頼りにされ、当てにされ、求められることが柚木にとって1番楽しくて幸せなこと。皆に求められたい。愛されたい願望
本当に愛されたい人からの愛が今、受けられないから余計に

「でもさー、本当のところどうなってるわけ?って毎週のように聞いてる気がするけど・・・友達なの?」
「・・・あいつは多分まだずっと考えてる」

余計なことまで色々と考えて、考えすぎて答えが出ないんじゃないか。と思う

栗山と電話をしているのはもしかしたら自分が知らないだけで外で掛けているのかもしれないけれどあの日しか知らない。あの日しかなかったように思う。いや、そう柚木が信じたいだけかもしれないけれど
毎日、柚木が寝てから夜遅く帰宅して朝、大抵同じくらいの時間に出て行く柿内。一緒に住んでいる自分ですら顔をまともに合わせることはないのに誰かと外で会っている余裕なんてきっとどこにもないはず

自分が1番近い存在なのは今も同じハズ
うじうじ考えるのは性に合わない。柿内の好きだった柚木もきっと前向きな自分。だから考え込むのは辞めた。柿内のことは好きだけれど、柿内のペースがあるならばそれに合わせる。それもまた自分

「ね、流ちゃん!」
「きっとね、きっと流ちゃんの今年の誕生日はイイ誕生日になるよ!」
「なんだよそれー」
「判んないけど!判んないけど・・・でも、そんな気がする」
「もう誕生日を楽しみにする年齢でもねぇだろ。それに」
「ううん!流ちゃんがこの世に生まれてきてくれた日だもん。楽しみとかじゃなくて特別な日なの。楽しんでよ」
「ありがとな」

柚木が優しく微笑むと新井も自然に笑顔が溢れる

「流ちゃん」
「んー?」

片付け終わって歩き出した柚木に歩幅を合わせながら歩く新井

「カッキーとヨリ戻ってもオレと遊んでくれる?」
「はぁー?」
「ふふふーでもねー、カッキーじゃん」

今まで彼女がいた時だって柚木は柚木だった。土日は野球やらフットサルをやっていたし、その後打ち上げに出たり新井と遊んだりしてきた。だから、変わるはずなんてない

いや、けれどバレーの忘年会をキャンセルしたのだ。柿内との約束のために

「うん。うんうんー判るー!判るよ流ちゃーん」
「バーカ。何だよ」
「カッキーは特別でしょ?」
「・・・っていうかヨリ戻るとか・・・」
「まぁ、来年が楽しみだーねぇー・・・ね?」
「・・・」

今度の予定で全て変わるように言う新井。今までずっとそんな話題にすらならなかったのにそんな簡単にいくわけがないと思いつつも変わることを望み、期待している自分もいることに気付いて柚木は小さく笑った






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

スマホで完結まで書ききったせいだと思うけれど、他の何も書くことができない・・・どうしよう・・・どうしよう


柿内ーーー大好きーーーーっっっ!!!



青春はプールの中でリターンズとか青春はプールの中で2とか書いてもイイ?w
関連記事
スポンサーサイト



comment

管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2018/06/20 Wed 07:03:17
Re: タイトルなし : 水尾 央 @-
>ラムまま様
コメントありがとうございます^^
青プ2だけじゃなく3までっっっいつの間にかここのメインになっちゃってる青プの伸びのすごさに改めて驚いておりますが、私も書き始めたときはここまで柿内へ愛が大きくなるとは思っておりませんでしたので、続きはいつかホントにありそうwww
2018/06/21 Thu 21:18:50 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する