FC2ブログ

アイスクイーンとの恋はホワイトアウト15 - 07/18 Wed

trackback (-) | comment (0) | その他SS
流石オレっていうか当然っちゃ当然なんだけど、人生そんな甘くない。いや、甘くないのはもうずっと前から感じてたことだけど!!!

薫の幼馴染とはなにもなく夜が過ぎてった

まぁ、なんていうかね!楽しかったよ?!めちゃくちゃ楽しかった!薫の昔話とか聞けたし!アイスクイーンの由来も聞いた!

アイスクイーンの由来なんだと思う?!薫、部活終わりに必ずアイス買って食べてたっていうのと例のアニメーション映画が由来っていうー!!!もー爆笑だよね!オレてっきりフィールド場を圧倒してそれに魅入って皆を氷漬けにしたように固めちゃうところだと思ってたよねー!だって!ホントオレあのとき魅入って凍ったんだもん。なのにさーーーー

「かおちゃーん!待ってよかおちゃん一緒に帰ろーかおちゃーん」

って毎日原に追いかけられてた薫をもじって原と雪の女王っていうーーーもーバカだなーって!なんだよそれって!

でも、そんな話薫が教えてくれるわけないしホント原と話せて良かったー!マジでよかったー!

んで、寺島の話も聞けた

あぁ、そこはね、薫が好きだとかそういうのは言ってなかったけど寺島は今じゃテレビでも聞かない許嫁がいてそれがまぁ、年上らしいんだけど親同士だけじゃなくて本人同士も恋仲になっててずっと付き合ってる彼女がいるって話

薫が神聖化するのも判るなーっていうね。親同士が決めた相手とずっと一緒で、俗物的なことも感じないってのはね、まぁ、惚れてることもあるだろうけどオレでももしかしたら神聖化しちゃうかもしれない

どんな女の子が周りにいても何も言わず盛り上がっていても混じらなかったらしい寺島。口数も少なくて、それでいて人を褒める時は心から褒め、一緒に戦う仲間たちを何より大事にしていたらしい寺島。神崎のあとにキャプテンになっていたらしいけど、神崎以上の存在だったって原も言ってた。あの神崎以上って!!!イケメンで完璧な神崎以上にカッコイイって!ナニソレ!絶対敵わない

「はぁ」
「ヤダ。急にため息とか萎える」
「え!あ、ごめんー」

ユウくんと約束して、ご飯を食べながら思わず出たため息に慌てた。頭の中は薫でいっぱいなんだ。薫の中の寺島をどうしたら消せるのか考えたけどオレの中の薫を消せないのと同じだなーって

「まーた彼のこと?」
「うん・・・ごめんね」

ユウくんは悪くない。ユウくんといて楽しいのはホントだし
オレが1番周りに隠したくて話せないコトも話せるのはすごく気分が楽

「じゃあ、今日だけでも忘れちゃおっか?」
「え?」
「まぁ、新しい恋をすぐにってのは無理だけど、数時間だけでもぶっ飛ぶくらい気持ちいいことは僕たちでもできるよね」

なんていうかね、今まで何もなく友達だった。ユウくんも彼が好きでオレも薫が好きで。愚痴って相談しあえる仲でそれ以上はお互い踏み込まなかった域。それは思った以上に簡単に乗り越えられるものなんだって初めて知った

「・・・うん」

お互い同じ状況

好きな人がいて好きな人に振り向いてもらえないけれど体だけは近くにある

お互いが好きな人のどこかに似ていて代わりにしたいだけ

一瞬でも忘れたいのに一瞬でも忘れたくないからどこか似ている人を選んだ

思い出せるように。好きな人を思い出せるように
でも、それを今だけでも忘れようとしてる。思い出せるようにお互いを選んだのに一時でも忘れようとしている

「近くのホテルでいい?」
「うん」

ユウくん、なんかあったのかな

急に今日言い出すのってなんかおかしいよね

「ユウ・・・」
「聞いたらダメ」
「うん」

やっぱりなんかあったんだ・・・苦しいよね。オレも苦しいから判る

薫が好きなんだ。ホントに

恋敵の寺島を嫌いになれたらいいのに憎いわけじゃないし、そんな接点もない寺島を嫌いにもなれない

原の話聞いてたらすごくすごくいいやつだし、皆に慕われてるのも薫が慕うのも懐いてるのも判るのが悔しくて

なんでオレは寺島じゃないんだろ

イケメンで完璧な神崎でもないんだろ

なんでオレは・・・

七瀬 知幸以外の何者でもないんだろ


薫に愛されない七瀬 知幸なのはなんでなんだろ







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

アイスクイーンの由来は最初から決めてあったんだよ。もうホントこれが書きたくて書き始めたんだけどここまで書けたから満足っていうね

いやいや、ちゃんと完結させるからー!
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する