FC2ブログ

アイスクイーンとの恋はホワイトアウト20 - 07/24 Tue

trackback (-) | comment (0) | その他SS
3度目の正直っ!クンクンしてくる薫がタオルでゴシゴシオレの頭拭いてくれる。天使!可愛いっ!優しいっっっ!好きっっっ!!!大好きっっっ!!!

「合格?」
「ボク準備してくる」
「もームリ!待てないー」
「いや、だって」
「イイから!薫ーもームリーーー判るでしょ?さっきからチラチラ見てるの知ってる!オレの元気なとこ見てるでしょ?判ってんでしょ?」
「ちょ!」

あぁ、薫の匂いーーークンクンされた分オレも薫をクンクンしてやるー!

「や・・・やめっ」
「今のオレ、薫と一緒の匂いなんだから自分の匂い嗅いでるのと一緒」
「バッ・・・違うしっ!」
「なんで嫌?変な匂いしないよ?」
「気持ち悪い・・・」
「ちょっ!」
「変態っぽい」
「薫ぅーーー塩すぎるー」

イイよーだ!薫がオレのこと嫌いじゃないのもう判ってるしー!!!嫌われたくない?恥ずかしい?あぁ!もー可愛い可愛いかわいいいいいいーーー

オレの薫ー!愛しの薫ぅぅぅーーー

ピロリーン

薫のベッドに押し倒してからそれを中断させるかのように鳴り響く間抜けすぎる携帯の音
気にしないー!気にしてやらなーい!

「待って」
「・・・は?」
「これ、ダメ。見なくちゃ」

携帯を取った薫
何?メール?!いやいや、いやいやいやいや!!!

「・・・ぁ・・・」

待ってぇぇぇーーー?!なにその嬉しそうな顔ー!!!蕩けちゃった顔ーーーっ!!!それ!オレが今薫の乳首摘んでるからじゃないよね?!ねぇ!もー聞かなくたって盗み見しなくたってその相手丸わかりじゃんかぁぁぁぁ!!!いや、でもね、違うじゃん?オレたち今何してましたかぁぁぁー?!ほら!オレの右手どこ摘んでますかーーー?!

「・・・ボク、出掛けることになったんで」
「は?」
「夜には帰ります。だから続きは後で」
「いや、え?」
「どうしよ。シャワー浴びて服・・・どうしよう」
「待って。薫、待って・・・」

いやいや、いっくら寺島が好きでもさ?いやいやいやいや
後って何?!いや、今この状態で後って何なの?!

「あぁ、寺島さんに暇なら遊ぼうって言われたんで」
「暇?!今?!暇だった?!」
「・・・暇だから七瀬さんといたんですよね?」
「いや、じゃあオレは?」
「好きな人優先って普通じゃないですか?」

あれ?あれあれあれあれあれあれーーー?!今この状態のオレにそれ言い切っちゃうのってさ!オレのことやっぱ全然好きじゃない?!都合のいいセフレ?!そーゆーこと?!いや、でも、オレが別の人抱いたりするの嫌なんだよね?え?ナニコレ。超勘違い?!いや、えええ?そりゃないよねぇ?!判るよねぇ?!

「・・・あのジャケットかあっちのダウンどっちがいいと思います?」
「・・・ジャケット寒いよ」
「いや、でもダウンもたつくし」
「・・・薫」
「いつまでそんな格好でいるの?」
「・・・はぁ」

好きな人優先・・・か・・・それ普通?まぁ、うん。優先したい気持ちも判るけど友達といたらそっち優先しない?

昨日のオレは友達優先したから?いや、違う。目の前の快楽取ったんだな・・・結局何もなかったけど昨日のオレは好きな人じゃなくて目先の快楽を取った。こんなオレだからイマイチ伝わってないの?この気持ちも本気だってことも伝わらないのかな

薫から連絡が来てテンション上がったよ。プリン持った薫想像して天使かって思った。でも、オレは薫を優先しなかった。想像して悶えたのに帰らず貴文といた

もし!それが気に入らないのなら、愛情の差とか言うならこれからは薫全部優先にしてもいい。あぁ、バカだ。何もなかった!そう言い切れるのにあの瞬間快楽に揺れた自分が憎い。なんであの時薫から連絡来てすぐに薫のところに来なかったの?オレ、薫が大好きで薫と付き合いたいから貴文が付き合おっかって言ってくれたの断ったのになんでオレ・・・こんなにダメなんだろ

真面目に誠実にとか全然違うじゃん

薫に伝わらなかったらなんだって一緒。真面目も不真面目も誠実も不誠実も全部同じ









にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

感情の起伏があまりない子は書き辛い・・・でも、光は見えた!光・・・?光っっっ!あぁ!つれキミ売れ僕ーーー!!!(もう病気)
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する