FC2ブログ

アイスクイーンとの恋はホワイトアウト35 - 08/22 Wed

trackback (-) | comment (0) | その他SS
当日、集まった久々の面々に懐かしさを感じたけどそんなセンチメンタルな気分は神崎の集めた人数を見て吹き飛んだ

こっちは地元だよ?もっと集められるはずじゃん?確かに県外行ってる奴らもいるけど地元なのになーのにーーーー地元じゃないあいつらのが人数多いってなんなの?サッカーやるぞって声掛けるだけでそんなに集められるの?地元から集めるって最初に聞いてたけどこんなに?神崎の卒業旅行代わりって言ったらみんな来るの?!それともこんな数こっちの大学来てんの?!いやいや、いやいや・・・なんで?やっぱり神崎の人望?!イケメンだからとかそれだけじゃないでしょ。これ。キングの名に恥じない神崎に言いようもない嫉妬を感じてしまう

「うぃーっすー!七瀬ぇー」
「あぁ。すごいな。そっち」
「んー?あぁ!だろ?でも七瀬もオレの無茶振りの急な招集にしては頑張ってくれたな!ありがと!」

嫌味か!嫌味だよな?!

いや、神崎だから嫌味じゃないんだな。きっと。悔しい。羨ましい。カッコイイ

神崎は人を羨ましいって思うことあんのかなー。少なくともオレを羨ましいとか思わないんだろうなーあー凹むーーーっ!!!

「で!これメンバー表!」
「・・・いや、え?」
「ん?言ったろ?はっきり人数決まったら教えてって」
「言った・・・けど、これ」

好きな人の名前って名前の羅列の中ですぐに見つけられるよねー。なんかの特殊能力なんかなー
もらった紙に書かれた薫の名前、誰よりも早く見つけちゃった。みんなに配られたその紙に薫固まってんじゃん

「あー!寺島はやらないよー?そりゃー渡さなーい!そこだろ?七瀬ぇー」
「いや、そうじゃなくって」

寺島と対決できなきゃオレの賭けの意味もないし寺島からゴール奪うために一応オレ頑張って走ったり1人ボール蹴り込んだりしたんだし!そこはどーだっていいさ。でも薫は・・・あ、賭け・・・

薫がノーゴールだったら寺島に告白・・・寺島からゴールできなきゃとかいきなりハードルが超上がっちゃうじゃん。オレ、別に薫に告白させたいわけじゃない

そりゃー吹っ切れるなら告白もいいーとか思ったのは事実だけど!っていうかそもそもあれは薫のやる気を上げるための賭けっていうかー

「薫」
「・・・同じチームみたいですね。よろしくお願いします」
「・・・あの、例のあれ!無しにしよう」

うん。やめだ!やめーーー!ただでさえ薫のテンション下がってんのにさー

「僕が寺島さんからゴールできないって思うんですか?」
「え・・・いや、だって」
「寺島さんだからやめようって?七瀬さんが怖気付いたんじゃないですか?だから理由つけてやめようって言い出したんじゃないですか?」
「はぁ?オレはっ!」
「勝ちたいでしょ?神崎さんに」

寺島じゃなくて神崎に。あー薫にもバレちゃってんのかなーオレの神崎への嫉妬心

「僕が勝たせてあげますよ」
「・・・言ってくれるじゃん。アイスクイーン!」
「ホントそれやめて」

薫、ショック受けてたんじゃないの?それどころか薫・・・すごいやる気。薫の周りの空気が変わったような気すらする

そうだ。やる気なさそうに見えて薫はサッカーには真剣だったよな






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村



お待たせしましたっ!!!
再開でございますー!!!予定よりも遅くなってごめんなさい。そして、アイスクイーン完結させて戻って来るっつったのに完結までは行ってません!が!完結に近いところまでは書けたのでUP再開させていただきます

お休み前に投下した青プにたくさん反応貰えて嬉しすぎてPCの画面が見えないToT柿内と柚木皆様に愛されすぎてるー

私も柿内と柚木が大好きー!!!んで柿内よりもカッコイイ子産み出せるの?!私!ってなっちゃうー
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する