FC2ブログ

恋して落ちて閉じ込められて8《最終話》 - 03/18 Mon

trackback (-) | comment (0) | その他SS
「待った・・・って?」
「あーあーもーホントTシャツしわくちゃだしなんか臭いしとりあえずそれ脱いで。ほら、こっち着て!ホントイイ顔が台無しなくらいやつれたしなんだよその無精ひげ!汚い!」

島原が取り出したシャツに視線を移すといつか忘れて行った、いや、もしかしたら洗濯してもらったままになっていた久野のもの

「もう1回言ってくれたらお前の部屋行って今から掃除してやる」
「・・・何を」
「オレの事どう思っててなんでごめんなさいしてんの?」
「お前いないと生きていけない」
「違う!やり直し」

島原の顔に「あ」と理解し「好きだから」と真っ直ぐに答えた。今度は小さくも震えてもいない声で

「ん・・・そ、か・・・そっか・・・うん。好きか・・・うん・・・うん。コピーも無駄にならなくてよかった」

そして久し振りに見る島原の笑顔

「っ・・・ごめんっ・・・ごめん・・・も、合コンとか行かないから!女の子と遊びに行ったりもしないからっ!」
「まぁ、そこは今約束したところで守れないと思うわけだ」
「いや!オレは」

ポンっと肩を叩かれ「お前の部屋、片付けに行く」と言われた久野は島原の後を歩きながら何度も謝った








「クッソ汚かった!どうやったらあんなにゴミ溜められるんだよ!」
「・・・まぁ、それは・・・オレがダメな人間なのは自覚してるから」

島原が来て片付けてくれた部屋は以前のような部屋になって久野はこれが日常だと呼吸が楽になった気がした

「んで、これからの事!」
「あ、はい」

思わず正座した久野に島原は笑う

「合コン行くのダメとかうるさい事言わない。女の子と遊びに行ったりするのもまぁ、構わない」
「え?」
「オレ、心広いわけよ。っつか、まぁ、女の子好きなお前にも目の保養とか?まぁ、なんか癒しみたいなの必要だと思うし。オレには女の何がいいのか理解はできないけど、目の保養とか考えたら少しは判る気もするし」

じゃあ、なんで怒っていたのか・・・なんで別れる事になっていたのか

「オレが怒ってんのはお前、何も言ってくれないし、嘘吐いて合コン行くし」
「・・・合コン行くって言えばよかったのか?」
「いいよ。まぁ、そんな毎週末行く!とかだと流石に嫌だけど。でも、嘘吐いてまで行くのはナシ。マジで疾しいことあんじゃないかって思ってオレがキツイから」

久野は理解できなくて首を傾げ、そしてふと気付き首を振る

「それ!お前もなんかどっか行くっつーことだろ?!中林か!中林だな?!」
「あ?なんで中林が出てくるんだよ」
「だからオレも許すみたいな・・・お前、中林と仲イイし!旅行だって!」
「バーカ。ホントバカ。でも、そんなお前を甘やかしたいオレもバカだけど・・・中林とは友達だろ。お前もオレも。旅行なんて中林と2人で行くかっつーの。大勢の中のひとりならまだしも中林と2人?きっついっつーの」

笑った島原がおいでおいでと手をこまねいて久野は立ち上がると抱き締められる

「オレがお前のことタイプっつったの覚えてねぇの?」
「・・・覚えてるけど」
「オレ、お前といりゃそんだけで目の保養してるし結構癒されてんの。中林とお前全然違うだろ?オレのタイプはお前なんだから中林なんてただの友達でしかない。オレ、誰でもいいわけじゃないって言っただろ」
「・・・うん?」
「だから・・・バカだなぁ。まぁ、オレなしで生きていけなくしたのはオレだけどあのまま立ち直って女の子と付き合ったらそのまま手離してやれたかもしれないのに・・・バカだ・・・バカだなぁ・・・」
「いや、意味判んないし、なんでお前オレのコトバカっつーのに、んな嬉しそうな顔してんだよ」

島原の唇が久野の耳元へ寄せられる

「お前みたいな優良物件逃すわけねぇだろ。バーカ。中林にヤキモチ妬いてるお前可愛すぎだっつーの」

その声は酷く色っぽく、そして久野の心を虜にした











「あー!やっべぇ!もうこんな時間!ってわけでー!オレはお先に失礼ー!」
「えー?もう帰るの?」
「そ!もー帰るの!」

合コンの誘いがあれば相変わらずそれに乗る久野。背も高く顔も悪くなくて明るい久野はその気になればいつだって出会った女の子といい仲になれただろう

「あ、ああ?アイス買ってきてとか・・・ね!今、アイスの新作なんかある?オススメは?!」
「えー?あ、コンビニ限定のやつ!中に生チョコ入ってるやつでー」
「お!それ!いーね!あんがとー!」

そして周りに手を振って家路に急ぐ久野の背中を見送った女の子の1人が「なーんだつまんないー」と呟くのを見て笑う久野の友人

「あいつ本命いるからオレにしとこーよ」
「なにそれー!本命とかいるなら合コン来んなっつーの」

本人は悪口を言われているのなんて知らない。ただ、理解があってなんでもしてくれる恋人のためにアイスを買って甘えるために部屋へ急ぐのだ

島原がいないと生きていけない。もう地獄だと思った。でも掬い上げられて今がある。島原がいるから楽しく生活できる。息ができる。もうここは地獄じゃない



でも、それはもしかしたら島原と言う名の監獄の中なのかもしれない

久野にとって幸せに満ちた監獄・・・誰にも理解されないとしても、2人の幸せな監獄の中







恋して落ちて閉じ込められて  おしまいおしまい






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

はい。全8話。お付き合いくださった皆様ありがとうございましたー!

なんていうかね、このネタはずっと書きたかったネタではあったの。というのも、水尾がかなり好きでかなりの確率でカラオケ行くと謳ってる曲をヒントに作ったのだけれど・・・ちょっと違うな・・・違うな。うん。全然違う!ってなりながらでしたwwwこれで何の曲か当たった人水尾のストーカーで書きながら歌ってるの聞いてるんじゃないかってくらい思ってたのと違う(言い過ぎ)

最初暗くてもっとテンションが高い子たちが良かった・・・と思ってたけど、今になってはこれはこれでイイかな・・・っていうかもっと掘り下げたり今後のコト書きたいじゃん!ってくらいにはなっております(まぁ、多分書かないだろうけど)

明日からは・・・まだ未定です・・・だって書けてないんだもんっ!でも、また近いうちに戻って参りますので・・・またその時はお付き合いくださるとうれしいです^^
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する