FC2ブログ

距離ゼロ7 - 07/24 Fri

trackback (-) | comment (2) | 野球少年恋をする
「東谷、まずい。自転車乗れない」

帰る頃になってやっと不格好に歩けるようになった穂波だが、自転車を前にしてそう笑う

「・・・自転車引いてってやる」
「ごめん」
「次は、もっと優しくしろよな?」
「・・・」

次があるのだ・・・と思うと胸が熱かった

「あのさ、東谷・・・」
「ん」
「オレ、思ったんだけど」
「何」
「お前、オレが思ったよりもオレのこと好きなのな?」
「っ!!!」

いつものように笑う穂波を見て目を逸らす
穂波から好きになった。どこで、どの瞬間に好きになったのかは覚えていない。でも、確実に穂波から。そしていつも目で追った・・・ピッチャーマウンドから、教室から、部室から・・・いつの日かその視線が東谷に届いて、ファンの子から受ける熱い視線とはまた別の本気の視線が気になって気になっていつの間にか恋に落ち、それを誤魔化すように彼女を作った。でも、感情は誤魔化しきれなくてどんどんとのめり込んでいったのにそれは黙ったままで誰にも判らない感情

「だからさ、なんか・・・嬉しくて」
「・・・バカ。好きだっつってんだろ・・・前から」
「泉先輩のこと、断るよ。ちゃんと。いや、最初から断るつもりだったけどさー」
「当たり前だ・・・」
「うん。当たり前だよね。でも、東谷も断ってよ。安曇先輩のこと」
「・・・」

すっかり暗い夜道・・・いつもよりもゆっくりと進む帰り道

「オレも相当妬いてるよ?」
「・・・」
「今日・・・さ、楽しくなかった。楽しいフリしてお前と安曇先輩のこと見えなくして忘れたくて・・・だからってオレ、軽率すぎたかもだけど・・・」
「穂波」
「うん?」
「オレでいいのか?」

今日、帰ってからずっと聞きたかったその言葉
とはいえ、その答えがノーであっても簡単には離してやる気は毛頭ないのだが、それでも気になって聞きたくて・・・自分がいいと穂波の口から聞きたくて

「よくない」

心臓が止まった気がした。酷いことをした。酷いことを・・・だけれど・・・

「東谷『が』いいの」
「・・・」
「東谷でいいんじゃない。東谷がいいんだってば・・・」

溶けていく景色・・・凍った世界が溶けていく瞬間・・・自転車に添える手を離して穂波を抱きしめる
誰かに見られるかもとかそんなことどうだっていい。今、この今抱き締めたくて

ガシャン・・・

自転車が倒れる音が夜道に響いてその音にビクリとする・・・

「穂波・・・」
「うん?」
「悪かった」
「えー・・・謝らないんじゃなかったのかよ」

穂波が笑うと東谷は「うっせぇ」と呟いて額にキスをする

「穂波・・・」
「うん?」
「お前強い・・・」
「何言ってんだよ」
「もうマジで離れたくないんだけど・・・」
「・・・離してほしくもないんだけど?」
「くっそ・・・もっと一緒に居たいっつーの」
「じゃあ、東谷、部活休みのときに安曇先輩と遊びに行くのやめてよー」
「・・・お前もな」

東谷の厚い胸に頭をつける・・・心臓が動いている・・・この音は大好きな人が生きている音

「で、オレとデートして」

穂波からのその言葉に心臓が一層強く早く鼓動する

「先・・・言うなよ・・・バカ」

東谷は右手で穂波の頭を撫でる。さらさらと指をすり抜けていく髪が夜風に揺られていた


距離ゼロ おしまいおしまい



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

おーつーかーれーーーーさまーーーでしたぁぁぁぁっ!!!!

痛い思いもさせたけどとりあえずラブラブです。この二人はひとまず完結になります(いや、ぼんやりとしたネタだけはまだまだあるんだけれども、書き直しとかしていったら色々と設定が合わなくなってきたから)いや、でも幸せなラブも書きたいからそのうち書くよ!うんっ!書くっ!
そして、宙ぶらりんなーのがー・・・安曇や泉の存在。彼ら目線で東谷や穂波も出てくるお話はすぐにでも書きたいなぁ・・・と思ってます。(っていうか少し書きかけのはあったりする)
若い子たちはここでは貴重な存在なのにもう少し広げたいなぁ・・・とか思ってます

いつもホント拍手やポチ、励みになっています。ありがとうございました。
関連記事
スポンサーサイト



comment

管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/07/24 Fri 10:23:05
Re: タイトルなし : 水尾 央 @-
>ながれぼし様
コメントありがとうございます♪
距離やっとゼロになりました。でも、まだホントのラブにたどり着いていないような気もするので(消化しきれていないネタも残ってるし)きっと続きます;泉と安曇も絡みきれてないし・・・ふう。頑張ります。

私、何か面白い一言書いていたっけ・・・はて・・・と思って読み返してみたらなんかくだらないことばかり並べててごめんなさいーーーって気分になりましたけどねw

これからもがんばります。ありがとうございましたー^^
2015/07/24 Fri 14:12:43 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する