FC2ブログ

青春はプールの中で2-1 - 07/22 Wed

trackback (-) | comment (2) | 青春はプールの中で
毎年、プールに入れない季節が来ると自然に柚木のテンションは下がっていく・・・

こんな雨で走ることもできない日は特に・・・有り余った体力を持て余して部室でひたすらゴム引きをしていた

「なんでこんな日に限ってプールも閉館日なの?っつか閉館日って必要か?毎日開けておくべきだろ」
「・・・はいはい。そうっすね・・・」

誰も来なくなった冬の水泳部。それでも柿内はそれに文句も言わず付き合う
水泳部という口実があって、柚木と会う機会があるだけで嬉しいのだ。部活が全くなければ学年も違う、接点も大してない柿内は会うことも話す機会もない

「あー、そーいやーさ・・・」
「あー?」
「明日、プール行くの辞めとく?」
「なんで?」

柚木はニヤニヤと笑いながらもゴム引きの手を止めずに「バレンタインじゃん」と言った

「・・・だから?」

バレンタインとはいえ、平日。予定も何もない

「チョコとか貰えるのかなーってドキドキしながら学校でちょっと残っているタイプかなぁ・・・と」
「なんでオレが」
「あ?オレはーあれだ。超貰うかんな。超貰う!義理も本命もドドーンとくるぞ」
「・・・嫌味か。嫌味だな?」

昔からそう。兄弟でチョコレートの数を競う柚木兄弟・・・一番多いのは兄・・・かと思いきや、兄は竹市と付き合い始めてからずっとチョコは断っていて、最近では弟の秀との一騎打ちばかり・・・

「あー、兄貴帰って来てそう・・・か・・・」
「平日に?」
「竹市さんとこ行くだろうな・・・っつー」
「すげぇ・・・」
「だろー?あー帰ったらチョコレートケーキとか作ってる兄貴いたらどうしよう・・・この弟の微妙な気持ち判るか?!複雑すぎっだろ?あんなガタイいいでかい男が頬を赤らめながらチョコレートケーキ・・・」

柿内も球を思い出しながら想像する
180を超える長身・・・広い肩幅・・・厚い胸板・・・そして精悍な顔つき・・・血のつながりのない自分でさえも複雑な気分になるのに、弟としてはもっと複雑な気持ちになるのだろう

「っつか、何?オープンなの?球さんって・・・」
「あー?あぁ、そっか。普通じゃねぇのかもなぁ・・・うちの両親は『付き合ってる人を隠すくらい恥ずかしいと思うなら付き合うの辞めなさい。恥じる相手ではないのならばそれがどんな人でも堂々としていなさい。家へも連れてきなさい。どんな人でも否定しない』ってスタイルなんだよな」
「・・・そ・・・か」
「あ、お前のことも知ってんぞ?」
「は?!」

柿内はゴム引きの手を止めて柚木を見つめる
男から告白したということをバラされているのか・・・

「こないだメシ作ってもらったって言っといた」
「・・・そうですか」
「あ、付き合ってるって言ったほうがよかった?」
「付き合ってねぇだろ!!付き合う気あんのかよ!」
「・・・いや、それは・・・まぁ・・・」
「・・・え?」
「え?」

柚木を見つめる

本当に何を考えているのか判らない・・・

「・・・つ・・・きあってくれるの?」
「んー・・・うーん・・・うーーーーん・・・」
「なんだよ・・・期待させんな。バカ」

付き合う気なんてない癖に思わせぶりな態度が柿内には苦しい・・・
でも、付き合えなくてもそばにこうしていられる方がずっといい・・・付き合うって何が変わるのか判らない。どう付き合えばいいのか判らない・・・





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

やばかった・・・ホント今回ストック間に合わなくてお休みになるかと思った・・・させないっ!私は書けるっ!!!!書くっ!書けぇぇぇぇぇっ!と頑張りました・・・ホント・・・ホント・・・よかった・・・ギリギリすぎて・・・
関連記事
スポンサーサイト



comment

うぉー! : さら @-
お疲れ様ですっ
更新ありがとうございます
常に更新直後に見に来ていますよ←プレッシャー

あはは、いえ、倒れない程度に頑張ってくださいね♡

なるほど〜
水泳ダブルだとちと不都合がでてくるのですね?ふんふん
あに様たちのラブラブも楽しかったです
ふぁいとー
2015/07/22 Wed 12:44:20 URL
Re: うぉー! : 水尾 央 @-
>さら様
コメントありがとうございます♪
更新直後っ!!!が・・・頑張ります;;;;;

水泳部ダブルだと不都合・・・はそのうち明らかになる・・・はずです(笑)
バカップルは書くの楽しいですが、ずっとラブラブなのですぐにネタ切れになりそうなのですが、行き詰った時の息抜きには最適な人たちです。やたらと柚木兄たちが出てきたら「水尾、行き詰ってるな」って察してくださいw
2015/07/22 Wed 15:24:35 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する