FC2ブログ

1回の裏5 - 08/16 Sun

trackback (-) | comment (0) | 野球少年恋をする
疲れた体を撫でてくれる手が気持ちいい

「どこか痛いところは?」
「ないよ」
「じゃあなんか食べたいものとか」
「さっきのケーキの残り食べなくちゃだ」
「・・・じゃあ欲しいものは?」

さっきから甲斐甲斐しくしてくれる東谷がおかしくてくすぐったくて穂波は笑う

「欲しいもの・・・東谷!」

そう言うとキスをする穂波に東谷は困ったように笑って穂波の頭を撫でた

「次は優しくするっつって我慢してたはずなのに・・オレ」
「優しかったよ?」

フォークを掴むと口にさっきの食べかけのケーキを運ぶ
甘いケーキが口に広がる。ところどころに挟まったイチゴが少し酸っぱくて、甘酸っぱくて。東谷のよう。普段は少し冷たくて、甘やかしてなんてくれないけれどホントはすごくすごく甘くて体中溶けてしまいそうになる

「今度のオフはどこかデート行こう」
「デート?ホント?じゃあねー、オレー・・・うーん・・・やっぱりどこでもいいや。東谷となら」
「バカ・・・お前の行きたいところに行くんだっつーの」
「もう来てるしなぁ・・・」
「オレん家?」
「東谷の腕の中ー」

「えへへ」と笑いながら見上げてくる穂波が可愛くて。この可愛い生き物をどうしてやろうかと考える

「オレ、すげぇ今楽しいんだよなぁ・・・東谷に求めてもらえて、たくさんキスしてもらえて、東谷とくっつきながらこうやっておいしいケーキ食べて・・・外出たらこんなくっつけないんだなぁって思うとさー」
「じゃあ、次は映画でも借りてきて家でこうやってくっつきながら見る?」
「あぁ、いいね。お菓子とジュース買って観よう!」

穂波の髪の毛がふわりと鼻先をくすぐる。くすぐったいのに心地よくて頭の先に口づけをすると回した腕に力を込める

「はい、イチゴのところあーん」

イチゴの欠片を口に運ばれて口を開けると穂波が満足そうな顔をする。この顔をずっとさせていたい。幸せな穂波をずっと見ていたい

「オレ、前に泉先輩のとこ行けとか言ったじゃん・・・」
「うん?うん。行かないけどな?」
「・・・あんとき、ホントに行かなくてよかった・・・って今思ってる」
「行かないってば・・・オレ、東谷が好きだもん」
「・・・でも、オレ・・・優しくできねぇし・・・」

穂波が笑ってフォークに刺した最後のケーキを見つめて笑う

「充分優しいでしょ」

穂波のためにケーキを買って、プレゼントもくれて、一生懸命言葉を探してくれている。きっと感情を伝えるのは恥ずかしいと思っているのに穂波を喜ばせるために言葉を紡いでくれている

「オレ、すぐ怒るし拗ねるしガキだから・・・」
「東谷のそんなところも大好きだよ」

口に入れた最後のケーキ。幸せな気分に満たされた穂波は東谷の胸に体重を預けるとそっと見上げて頬に触れる

「ホントは優しいこと知ってるし、今だってこんなに優しいし。そりゃーたまには傷ついて不安になるけどでも東谷のこと嫌いになんてなれないし、ずっとずーっと一緒にいたいのは東谷だけだから」
「お前、ホント強いよな・・・」

また優しく撫でてくれてそっとキスをしてくれて満足そうに穂波が笑ったのを見て東谷はまた穂波を優しく抱きしめた



野球少年恋をする
1回の裏 おしまいおしまい



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

お疲れ様でした!お付き合いいただき感謝です。
ちょっと変則的にUPしてきた野球少年恋をするの続編ですが・・・実は書くときも表の1を書いて裏の1を書いて、表の2を書いて・・・という変則的書き方してました。そんな書く時までやらなくても・・・と思うじゃない?でも、長さを同じにしたくて交互に書いていったのです。だからボリューム的にも同じくらい(多分)
このまま東谷と穂波はずっとラブラブ・・・と思うじゃない?でもきっと水尾だもの。波を起こさせてやるぅぅぅぅっ!(意地悪)いや、でもあれです。全く続きが頭に浮かばないのでずっとラブラブなのかもしれません
表の泉を不安にさせて裏の2人でホッとする・・・そんなパターンなのかもしれないな(泉不憫すぎるだろ!)

いつものことながら、拍手やランキングポチありがとうございます。明日から・・・ついに・・・ついに・・・UPするかな。彼らのお話を・・・そう。彼らです。やっと再登場ー
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する