FC2ブログ

運命だとか恋だとか11 - 10/05 Mon

trackback (-) | comment (0) | その他SS
トントントン

いつも3回のノック。開けなくても誰かが判る。胸の高鳴りがドアの向こうの人物を知っているから

ドアを開けるといつもの笑顔で手にはお土産
お土産は温室からとってきた花だったり、ジュースだったりお菓子だったり

全部ツカサの好きなものばかり

「退所だってー?」
「一時だよ」
「戻ってこない選択はナシ?」

戻ってこない・・・その意味が分からずタイチを見上げる

「ここ、嫌なこともされる。オレはツカサちゃんが去勢したいっての判るけど他の奴に触られてるのモヤモヤするし・・・抑制剤しっかり飲んでおけばヒート起きないし」
「・・・」

発情期にタイチに触れられなければ抑制剤もちゃんと効く。だからタイチはもう会わないほうがいいと言っているのだと判ってすぐ目を反らす

「オレのこと好き?」
「?!」

慌てて見上げた顔は笑顔でどうしようもなくなって頷く

「番になりたい」
「え?!でもっ!!!」
「判んないけど番になりたいなー・・・ツカサちゃんと番になりたい」
「・・・でもっ!!!タイチさんは!」
「運命とか必要?運命の相手がいても番にならないこともあると思うよー?」

ドラマで見た運命の番の話はいつだって運命の相手と愛し合う
敵対する関係でも親友の恋人でも教師と生徒でも・・・全て捨てても運命の相手とハッピーエンドを迎えるのだ

「次の発情期、オレに全部頂戴。その次もその次もずーっとオレだけに頂戴」
「っ・・・まだお互いに何も知らないのにっ!!!」
「うん。だけどツカサちゃん、オレ、初めてαなんだなって実感できてんの。番なんて全然興味なかったのに。去勢したのに・・・なぁ、ツカサちゃん・・・次の発情期、オレのとこ来て?ね?」

熱い

熱い

熱い

なんの熱なのか判らない。でも熱くてバカになる

「オレもっ・・・タイチさんと番になりたいっ!!!」

そして触れ合った瞬間にあり得ない現象

「っ・・・あ?・・・タイチさん・・・オレ、なんで」

終わったはずの発情期。なのに体の奥から濡れるこの感覚は間違いなくその現象・・・

「ツカサちゃんの体がオレと番に早くなりたくてってことかなー」
「っ・・・そんなことあるんですかね・・・」
「すっげぇ匂いするし・・・なんでオレグラグラしてんだろ・・・あー、もー無理。突っ込みたい」
「んっ・・・早く・・・それでオレと」


「番になって」


最後の言葉を言う前に突然拘束された2人は現れた白衣を睨みつける

「・・・何してんの?オレの前で何してんの?」
「ムツキ・・・」
「許さない・・・許さないっ!お前が番になるなんて許さないっ!!!」

怒りで顔を赤くしたムツキが乱暴にメガネを投げ捨てるとタイチの唇へと唇を押し付ける

「何すんだよ!」
「何って・・・セックス」
「てめぇ!!!」
「ほーら、そろそろオレも発情期始まるよー」

部屋に充満していたツカサのフェロモンに混じって確かにムツキの香りが強くなってくる

「運命はオレだって言ってんだろ」
「・・・それ、本当なのか?!」
「・・・オレがなんでウソつくの?」

ムツキの手がタイチの首へと伸びる

「博士っ!やめてっ!!!やめてっ!!!!!」
「柊 ツカサ・・・もうこいつの番気取り?あぁ、発情しちゃったんだっけ?代わりのα呼んであげたからさー、データ取ろうかー」
「ふざけんなっ!ムツキっ!!!」
「抑制剤飲ませたっけー?どーだったー?キミー」

もう何も聞こえていないような状態の男がツカサに触れてツカサの叫び声が響く。タイチは暴れるが、頑丈に作られた拘束具はなかなか外れなくてだんだんと手首に傷ができていく

「ツカサに触るなっ!やめろっ!やめろっ!!!!」

Ωのフェロモンに誘われたαは花の蜜に吸い寄せられる蝶と同じ
いくら止めようとしてもムダなのだ

「イヤァ!!!!ヤダヤダヤダヤダ!!!触らないでっ!!!!」
「ムツキ、頼む・・・やめてくれ・・・やめて・・・くれ。なんでもする」
「なんでも?」
「なんでも・・・」

その時見せたムツキの笑顔はきっと忘れないだろう
おとぎ話の悪役。魔女。ヒーローの敵役・・・そんなの目じゃないほどに悪く笑ったのだ

「じゃあ、今すぐオレのここに突っ込んで番結べ」
「・・・」

番になるには性行為の途中で首筋に噛みつくこと・・・それを今、ツカサの目の前でしろというのだ。目の前が暗くなる気がした。怖い・・・今までの何よりも怖い・・・ムツキが・・・怖い

「番になったら分かるだろ?解消したら最後。オレはボロボロになる。判るよな?知ってるよな?」
「っ・・・」

知っている
実際、この目で見たことがある
普段人の前に姿を現さないムツキの父、カンナ博士を




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

あぁ、そろそろ模様替えもしたい・・・っていうかハロウィン仕様にしてパーティしたいなぁ・・・
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する