FC2ブログ

つれないキミと売れてる僕7-8 - 12/23 Wed

trackback (-) | comment (0) | つれないキミと売れてる僕
里見が部屋に戻ってきてから何度も何度も繰り返される吐き気
心配する須野に大丈夫だと言い張っていた里見だったが、須野に引き摺られて病院へと向かわされた

「だからなんともねぇからっ!」
「ダメ!こんなに体調不良続いてるんだから絶対どっか悪い!!!いい加減病院嫌い治してよっ!」

大の大人が引き摺られて受付で駄々をこねる姿は目立つ
ただでさえも目立つ2人が更に注目を浴び、それに気付いて里見は小さく悪態をつきながら問診票に目を通す
そして覗いてくる須野を見て「個人情報」と呟くと須野は「でも」と里見を見つめ返す

「逃げねぇ・・・し・・・」
「・・・うん。じゃあ喫茶店にいるね?終わったら連絡して」
「おう」

須野の背中を見送ると溜息を吐きながら立ち上がって携帯が使える場所まで移動し、葛西の番号を出す

『もっしもーし?光ちゃんどしたー?あ、まさかまたどっかで動けないとか?!』
「須野に病院連れてこられた」
『えええ?!なんで?どっか悪い?』

須野のことだからもう話して相談していると思ったけれど何も言ってなかったのかと判って仕方なく病院へ来た理由を話す

『・・・まぁ、病院連れて行かれるよねー。そりゃぁ』
「どうにかしろよ」
『須野ちゃんはー?』
「喫茶店行った」

葛西は「そっか」と言いながら少し考えて

『主治医!』
「あ?」
『主治医いるって言ってみてよ!実はそっちに掛かってるから心配ならついてこいって言ってさぁ』
「・・・あー・・・主治医・・・かぁ」
『うん?だって主治医になってるのは事実じゃない?』

里見は小さく唸ると他にいい手が思いつかず、あの病院なら須野に聞かれたくない、知られたくない事も隠し通せる気がして了承すると電話を切ってすぐ須野のいる喫茶店へと向かった




「あれ?里見、早くない?どうしたの?」
「・・・あのな・・・」
「うん?」

須野が伊達メガネの向こうから心配そうな瞳で見つめてくるのが心苦しい
体調不良は精神的なもので、それが須野によく似せた人物からの暴力でだなんて知られたくない

「・・・実は、お前が心配して鬱陶しいから黙ってたけど病院はかかってる」
「ええ?!」
「だから・・・わざわざここで・・・その・・・」
「うん、じゃあ、判ってるの?体調不良の原因判ってるんだね?治療もしてるんだよね?」

それには黙り込む
治療はしていない。確かに病院は行ったし、検査も受けた。でもこの心の治療なんて・・・

「してる」
「うん。そっか・・・うん・・・うん」

須野が納得してくれようとしているのが判る。納得しようとしてそれが須野の中で難しい事も
この体調不良の原因、病名、そしてそれを黙っていた事・・・全て納得しようとして何度も何度も頷いては里見を見つめる

「だから須野・・・」
「うん。判った。帰ろうか」

伝票を掴んで立ち上がった須野と共に病院の喫茶店を出ると無言のまま帰宅する

「里見」

部屋に入った瞬間、口を開いた須野が振り返って里見を見る

「な、治る病気なんだよね?!」
「は?」
「なんかっ・・・言えないくらい酷い病気とかじゃないよね?入院とか手術とか必要?!ねぇ!」

堰を切ったように須野が不安をぶつけてくる
里見は少しだけ笑って須野の頭を叩く

「大した事ねぇし、入院も手術も必要ねぇよ・・・勝手に人を病気にすんな」

須野は何度も「ホント?」と繰り返して里見の手を握るとビクッと里見の体が強張る
違う。中津はこんな風に泣かない・・・自分に言い聞かせながら須野に握られた手を見つめる

「僕が心配すると思ったから黙ってたって・・・僕のこと考えてくれたってことだよね」

嬉しそうな顔をした須野が里見を見つめる
須野のため・・・それよりも里見は自分のために隠したいこと

「てめぇのためなんかじゃねぇし」
「里見ってホント優しい」

ふわりと笑った須野に胸が痛い
今までもっと余裕で須野を見つめ、須野を煽ってきた。でも、それがなかなかできなくてどうしようもなくて手を振り払うと須野の手が追いかけてくる

「優しいとかウザい!触んな」
「里見ー」
「仕事すっから出て行け」
「ん・・・夕飯何がいい?」
「あー・・・なんでもいい」
「うん。じゃあなんか作っておくね」

笑顔で須野が部屋を出て行くと里見は書斎机に座って溜息を吐く
怖くないはずの須野に触れられると体が強張る
須野が怖いわけじゃないのは判っているのに・・・中津にされたことなんて全て忘れ捨てたつもりなのに







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

どうでもいい話なんですけれどもー

そろそろ大掃除の時期じゃないですかぁ
んで、水尾も大掃除!とか思うのだけれど、水尾の場合「掃除」は別にできても「片付け」ができないんですよねぇ。
だからキッチンやらトイレとかバスルームは大掃除でなんか気合い入れて掃除するんだけれど、肝心なリビングが汚い・・・みたいなね。あぁ。今年こそちゃんと片付けして掃除・・・片付け・・・片付け・・・はぁ
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する