FC2ブログ

つれないキミと売れてる僕2-18 - 04/26 Sun

trackback (-) | comment (2) | つれないキミと売れてる僕
結局受け取ってもらえなかった指輪は須野のキャビネットに大切にしまわれる。でもすぐに出せる場所。きっとすぐにまたこれを持ってプロポーズをするから
毎日好きと言いたい
毎日プロポーズもしたい
毎日、毎日・・・何十年もし続けたい

それが須野の幸せ。指輪を受け取ってもらえなくても伝えられるだけで幸せになれる



「そっか、受け取ってもらえなかったんかー」
「それどころか投げられた」
「は?マジで?」
「うん。マジで」

そう言うと須野は思い出して笑う。一体プロポーズのときに指輪を投げられた男が何人いるのだろう・・・ゼロじゃないにしても多くはないはずだ

「あー、もしかして指輪のデザイン気に入らなかったかなぁ・・・」
「え?!そこ!?」
「里見はシンプルなのが好みだと思うけど、シンプルすぎるといかにも・・・いや、まず婚約指輪って豪華だよな!そうか・・・ダイヤモンドぐらいは入ってないと・・・」
「須野さん・・・もしかして結構本気で言ってる?」
「4割くらい本気で考えてる」

須野の言葉に葛西は茶化すことも忘れて「愛ですねぇ」と呟いた。しかし、ダイヤモンド入りの指輪を贈ったところで再び投げられてしまいそうな気はしていたが・・・

「葛西はどうやって指輪渡したの?」
「ん?オレ?とりあえず稼ぎも大してないから指輪は大したのあげられなかったけど『お婿さんにしてくださいっ!』って言った」
「・・・あれ?・・・葛西・・・って・・・」
「うん、オレ、櫻井さんなんだよなー」
「ええええええええ!!!!!!!!」

またもや初耳である

「ゆりちゃんは『はい。お婿さんに来てください』って言ったんだよなぁ・・・あー・・・懐かしいーーーーゆりちゃんがすっげぇ可愛かったんだよなぁぁぁぁぁぁぁ」
「・・・いいなぁ・・・」
「須野、残念ながら光はきっと指輪受け取ってくれたとしても可愛くはないと思う!」
「そんなきっぱり言わなくても・・・でも、里見もきっと可愛いと思うよ」

ニコニコと笑う須野。里見は「しょうがないからもらってやる」と言って照れを隠すために俯くのだ。きっと・・・きっと。今は須野の想像でしかないが、きっとそう。彼の性格からして大体の行動は想像できて、須野はまた嬉しい

「よし!里見の仕事が終わったらまた渡す!」
「・・・めげねぇなぁ」
「めげるわけがないでしょ。だって、僕今まで何百回告白し続けたと思ってる?」

それを聞いて葛西は頷くしかない
中学で恋に落ちて、高校で初めて告白してからずっと毎日好きだと囁き続けた。それが12年・・・諦めてもおかしくない年月を脈がなくても告白し続けた男だ。一度プロポーズして指輪を投げられたくらいでめげるわけがない

「あー里見、仕事早く終わらないかなぁ・・・あ、葛西、里見の寝ている間に指輪勝手につけて朝起きて気付く・・・っていうシチュエーションはどう思う?」
「・・・寝起きの里見にめちゃくちゃキレられると思う」
「えー・・・そうかなぁ・・・でも、確かに寝ているところに勝手に指輪つけたってプロポーズの言葉言えないからダメだなぁ・・・」

そう言いながら里見の仕事が終わるまでプロポーズの言葉、シチュエーションを延々と考えるのだった。その時間は、里見のことを考えられる時間は須野にとってとてもとても幸せな時間。これからもその幸せな時間が続けばいいと願いながらまた微笑んだ




つれないキミと売れてる僕
2幕
おしまい。おしまい。



にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

つれないキミと売れてる僕2幕も終わりまでUPすることができました。
まさかまさか2幕の間にカウンターが10,000を超えるなんて思ってなかったので焦ったりw里見の小説も一部UPできたし(文体替えようと思ったのに中途半端すぎてダメだった)
拍手やランキングポチしてくださってる皆様には本当に感謝しております。読んでもらえるだけで嬉しくてカウンターwwww怖いwwww読まれてるwwwwwwwとか変なテンションに毎日なっております。
まだ3幕、4幕は書いてあるのですが、とりあえず次回からは少し須野と里見にはお休みしててもらおうかなぁ・・・と思っております。
また別のお話でもおつきあい頂けると光栄です。
関連記事
スポンサーサイト



comment

管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2015/04/26 Sun 08:36:35
Re: タイトルなし : 水尾 央 @-
完読おつかれさまでした。おつきあいありがとうございます♪
受け取らないの想像できました?だんだん里見の性格が皆様に伝わっている証拠でしょうかw
第3幕はすぐにでもUPし始められるのですが、3幕は長めなので里見のお誕生日が終わったら突入させたいなぁと思っております。しばらくは運動部の若手たちのお話になりますが、よろしくお願い致しますー
2015/04/27 Mon 00:01:04 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する