FC2ブログ

ビタースウィート43 - 11/14 Mon

trackback (-) | comment (0) | その他SS
真山が立花と会う約束をしていた日が近付いたある日、山本は起きると朝食が並んでいて驚いた

「え・・・ええ?!」
「・・・作ることないから1人分の量が判らなかっただけだから・・・」
「うっわー、食べる食べるー!食べようー?」
「あ、味に保証なんてないからっ!」

山本が席に着くと微笑みながら目の前に座った真山を見つめる

「もう恋人みたいだね」
「・・・は?」

真山の嫌そうな顔を見ながらまた笑う

「なんで今日、こうやってご飯用意してくれたの?」

判っている。真山が何かを決断して何かをしようとしていることは。その決断が何かは判らないけれど、急にこんな変わり方をするなんて別れを暗示しているかのようで・・・いや、そもそも付き合ってはいないのだから別れと言うのはおかしい表現かもしれないけれど、自分の前から消えようとしているようで・・・
真山を苦しめている相手と決別し、自分の所からも去ろうとしているような胸騒ぎ・・・

「・・・別に・・・イイでしょ」
「付き合ってくれる気になった?」
「・・・なってないし」
「早く付き合いたいなぁ・・・」

朝から心臓を握りしめられているようで苦しい。山本から優しく甘い言葉が出る度に胸が痛む・・・好きだと言えたらなんて幸せなんだろうか・・・でも、苦しみは真山にとってイイこと。好きな人と一緒に暮らしているのに好きだと言われているのにそれを受け入れない苦しみ・・・立花に痛みを与えられるよりもよっぽど苦しいと思うもの

「味噌汁美味しいね」
「・・・出汁入れ忘れた」
「うん。でも美味しい」
「まずい」
「人が作ってくれた朝ごはん食べるってのはそれだけでオレ幸せに思えるよ」

苦しくてイイ・・・そう思ったのに幸せ・・・そう聞いて真山の胸がまた痛み、そして満たされてしまう・・・その繰り返し・・・







「やーまもとさんっ」

定時後、人も疎らになった事務所で書類仕事を片付けていた山本が顔を上げると目の前の小柄な青年に思わず笑顔を作る

「ハル・・・どした?」
「んー?プログラムの納品に直接来ましたぁ。山本さんに会いたくて」

明るい長めの髪を掻き上げると社内を少し見回す
社内に残っている人間は少ないけれど、少ない人間を品定めでもするように見た後に山本に笑顔を見せる

「こないだの話の続きしようと思ってきたんですけど、今晩大丈夫でした?」
「あぁ、うん。もちろん」

山本が書類を手早く片付けるとコートを掴む
素早く山本の腕を取って腕を組んだ男を横目で追う真山。チリチリと胸が痛むのは嫉妬。いつもと違う痛み

「毎回なかなかきつい仕事頼んで悪いなぁ」
「山本さんの頼みならオレ、1週間寝ないででも作りますってー」

山本と男の会話で会ったことはないけれど在宅のプログラマなのだと察した真山はさっき山本が呼んだ『ハル』という名前で思い出す
社内の誰のプログラムも真山が手直し入れたり改善したりしてきたけれど『HAL』と書かれているコードだけは真山も唸る程の優秀なもの。それが今山本の腕を組んでいる相手・・・

「じゃあ、お先に失礼するよー」
「あー!溝端っち!今度また飲みに誘ってねー!」

山本の横で手を振る男に溝端も笑って手を振る

「・・・誰っすか」
「ハルくん?」
「プログラマっすか・・・」
「うん。フリーのねー・・・うち、規模の割に抱えてる案件多いから外注出してる部分もあるでしょ?」
「社長と仲良しっすか」

真山が人に興味を示すなんて珍しいと思いながら溝端は手を止めて椅子のまま移動する

「社長の昔からの知り合いみたいだよー?」
「・・・ここ書いてるのそうですか」
「うんうん。そう」
「・・・優秀なのに雇わないんだ・・・」
「ま、真山くんが褒めたっ!?っていうかハルくん真山くんに褒められるとかすっげっ!」
「いや、事実だけど」

真山はパソコンから顔を上げないままそう呟くと溝端は笑う

「ハルくんは気紛れだからなぁ・・・突然どっか行っちゃったりするし・・・だから会社に来るのは向いてないんだってさー」

真山は興味なさそうに「へぇ」と言うけれど、山本と昔からの知り合いにしては年齢も毛色も違う気がする・・・一体何者なのか・・・自分がそんなこと気にするなんて関係・・・

「三崎さんいたときはハルくん荒れてたけどやっぱり社長のコト好きだったりするのかなぁ」
「・・・」

キーボードを叩いていた指がピクリと震える
好き・・・山本のことを・・・さっきの男が・・・

「ハルくんって謎なんだよねぇー・・・本名誰も知らないしー、年齢も不詳だしー」
「・・・溝端さん、近い。臭い」
「酷ぇっ!!!折角色々教えてあげたのにー・・・」

溝端が口を尖らせながら席に戻ると指先の震えを押さえるようにこぶしを握った





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

ビタースウィートここにきてまだ新しく登場人物!ってことはまだまだ続くっていうね・・・でも、終わりまでの道程はちゃんと見えてるから!私見失ってないからっ!
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する