FC2ブログ

理想のあなたと恋の鐘15 - 02/15 Wed

trackback (-) | comment (0) | その他SS
正直、マスターがこんなに毒舌だと思ってなかったし、課長と友達だとも思ってなくて頭の中はパニック寸前だったんだけれどもっ!罵倒されすぎててなんか冴えて来たっていうか・・・泣けてきたっていうか・・・

「で、タクはどうしたいんだよ?」
「はぁ?・・・もーいいや。ホテルとる」
「・・・課長、あの・・・」
「てめぇは課長課長うっせぇんだっつーの」
「・・・拓真さん」

前に名前で呼べと言われたからドキドキしながら呼んでみる。目を見開いた状態でオレを見上げた課長はなんていうか・・・あぁ、名前呼びはセックスのときだけっすよねぇー・・・めっちゃ怒ってるぅぅぅぅぅぅ!

「ふーん・・・ふーーーーーんっ・・・タクちゃん、お前さー・・・もう腹決まってんじゃん」
「ばっ・・・バカ・・・っつか・・・突然名前で呼びやがって・・・オレ、許可してねぇっつーの」
「え?前に益口さんって呼んだら名前・・・」
「あーーーーあーーーーあーーーーー」

オレの言葉にかぶせるように課長が叫ぶ。あれ?課長、怒ってるんじゃなくて照れてる?

「原田くん・・・よかったな。お前、脈ありまくってんぞ」
「え?」
「っつか、原田くんは大丈夫だって!だって、こいつきっと女無理な奴だし」
「・・・関係ねぇよ・・・そんなの」
「あの、話見えてないっすけど、オレ、マスターの言う通りっすね。親にもバレて呆れられてます・・・けど?」

マスターの勝ち誇ったような顔を課長がつねる。そしたらマスターも負けじと課長の頬をつねって伸ばす・・・あぁ、なんだろ・・・この美人さんたちの取っ組み合い?萌える。なんでだろ・・・可愛い・・・あぁ、二人とも可愛いよぉぉぉ!!!!あ、大丈夫。オレの心は課長一筋だぁかぁらぁぁぁぁぁ!たまに浮気心でちゃうのくらいは許して欲しいけど

「原田くん。じゃあその恋人?と別れてタク泊めてやってくれる?」
「・・・拓真さん、オレの家泊まってくれますか?」
「嫌だ!っつかもう眠い・・・もうここでいい・・・寝かせろ」
「・・・あぁ、ダメだ。こいつダメだ。原田くん。抱っこしてでも無理矢理連れて帰って。キミならこのガリってるやつ持ち上げられるでしょ?」
「あぁ、それは・・・はい」

伊達に運動部出身で、更にみんなに嫌われないように鍛えてはないですよぉぉー
課長に「失礼しますー」と断るとふわりと抱える。あぁ。男抱きかかえてるっつーのに軽いです。っていうかもう気分が軽いので課長が羽のように軽く・・・

「な・・・」
「オレの部屋、帰りましょう?とりあえず今日はオレの部屋。明日からのことはまた明日考えましょうよ」
「・・・くそ・・・バカ・・・バカ」
「明日も仕事なので少ししか寝られないですけどね」
「下ろせ・・・バカっ!そのまま出て行くなっ!原田っ!バカっ!!!」
「静かにしてくださいよ。近所迷惑です」

顔やら背中やら肩にパンチが当たるけれど残念。課長のパンチ力入ってませんよ・・・っていうか、課長可愛すぎて・・・

「こっちで引っ越し準備進めとくからお前はちゃんと前向けよ?タク」
「・・・黙れ。バカ」

ドアのところで微笑むマスター・・・課長はマスターに愛されてるなぁ・・・あ、マスターがライバルだったら絶対勝てない。イイ男すぎて!美人で強くて縛るのが上手いって・・・あ、縛るのが上手いのはまた別の話?エレベータに乗ると静かになった課長がまた「下ろせ」と言うからそっと下に下ろして手を握る

「離せ」
「逃げたら困りますもん」
「逃げねぇから・・・マジで嫌だ」
「拓真さん、オレ、本当に好きなんですよ。入社した時からずっと・・・まぁ、拓真さんが男大丈夫だとか知らなかったから絶対叶わぬ恋だと思っていっぱい遊んできましたけど・・・でも、心はあなた一筋です」
「気持ち悪いって・・・」
「うん。だと思います。でも、この気持ちはどうしようもないです。仕事もできて完璧で・・・もうね、どんだけ怒られても罵倒されてもあなたの下を去るなんて考えられない程だったんで、オレ、きっとここまで成長できたんですよ。拓真さんのおかげです。好きです。オレ、付き合ってもらえるならホントもう遊ぶこともしないし、尽くします。拓真さんが飽きるまで傍にいます」

飽きるまで・・・って言ってみたけどー・・・飽きても傍にいさせてもらえたらなぁ・・・なんて思ってる。まぁ、そんなのはストーカーっぽいから言えないんだけれども

「・・・わかった」
「え?」
「・・・お前の気持ちは判った」

あ・・・ああ・・・これって・・・心臓が痛い
頭の中で恋の鐘がいつもよりも高い音で鳴っている。カーンカーンって・・・この人が・・・ずっと好きだったこの人がついにオレのものになってくれるんだろうか・・・課長課長課長課長課長っ!!!!

オレは・・・オレは・・・幸せになりますっ!!!!!あ、あと、課長のことも当然幸せにしますからっ!安心してくださいっ!







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

あれ・・・あれ?・・・そういえば・・・バレンタインって昨日・・・
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する