FC2ブログ

コイゴコロミズゴコロ3-4 - 03/04 Sat

trackback (-) | comment (2) | コイゴコロミズゴコロ
トントントン

「新井さん、戻ってきたんだろー?」

部屋のドアが叩かれて2人ドアを見る。この声は2人とも聞き覚えがある声。知っている声・・・江口にとっては後輩の1人。新井にとっては恋人の・・・でも、今は会いたくない相手・・・但馬が江口との関係を信じて遊びに行くのもご飯に行くのも許して信じてくれているのに裏切ったから・・・裏切ってキスをしたから・・・

「但馬・・・か」
「新井さーん」

トントンとまたドアを叩かれて新井ではなくて江口がドアを開く。新井はそれを止めようとしたのに簡単に開くドア

「・・・あー、すんません。江口さん来てたんすか。お疲れ様です。あー・・・なんでもないっす。おやすみなさい」

但馬が気まずそうな顔をして立ち去ろうとするのを江口が腕を引いて止める

「?」
「瑞貴と付き合ってんだって?」
「・・・」

但馬は新井に視線を送るけれど震える体を止めるように腕で体を押さえ俯く新井に察して頭を下げる

「すいません。江口さんに断り必要でしたか」
「いや?でも、もうイイから」

イイからの意味が判らず江口を真っ直ぐ見つめるとハハと笑った江口が口を開いて但馬の肩をポンポンと叩いた

「瑞貴とオレ、付き合うことにしたから」
「・・・」
「違っ」
「オレの代わりなんて大役お前にゃ重荷だったろ・・・でも、もう大丈夫。安心してお前は泳ぐことだけに集中しろ。インカレ予選まですぐだ」

何を言われているのか判らなくて但馬はただ立ち尽くす・・・ずっと心配していたこと。不安だったことが今、目の前で現実となって現れる・・・新井がずっと江口のことを好きだったのはきっと江口よりもずっと但馬が1番知っていること・・・それが今はもう恋愛の好きじゃなくて恋人は自分だと何度も新井から言われたけれどそれでも江口への想いは友情だけではないことも判った上で付き合って、新井が楽しければ幸せならば・・・いつだって見惚れるようなあの美しい泳ぎを見せてくれるならそれが1番だと信じて来た
新井はあり得ないと言っていたけれど、もし江口が新井を受け入れたら・・・どうするべきなのかいつも考えていたこと・・・ずっと好きだった江口への気持ちが報われるのならば自分は必要ない。身を引くべきなのかもしれないとずっと思ってきたこと・・・それが・・・現実に・・・

「じゃあ、瑞貴、今日はもう帰るな?」
「・・・」
「じゃ、但馬もおやすみ」
「・・・っす・・・おやすみ・・・なさい」

頭を下げて先輩である江口が部屋を出て行くのを見送ると残されたのは静寂だけ・・・

「・・・あー・・・新井さん」

壁際で蹲ったままの新井に恐る恐る声を掛ける・・・
明日の朝食をコンビニへと買いに行った帰り、電気がついた新井の部屋に気付いてやってきた。それは新井と食べようと思っていたケーキが部屋にあるから・・・新井が喜ぶかと買ってきたケーキがあるから・・・新井の喜ぶ顔が見たいと思うのは江口と付き合うと言われても同じだから・・・

「あの・・・メール見た・・・よね・・・」
「・・・」
「ケーキ・・・あるから食べに来ません?っていう・・・メールだったんだけど・・・今から・・・ケーキ・・・食えませんか?」

ケーキと言われて少し顔を上げた新井に精一杯微笑む但馬。どうしたらいいのか判らない。別れ話もされていないのに突然宣告されたことをすぐに受け入れられるわけでもなくて、頭の中は混乱しているハズなのに心も感情の嵐が渦巻いているハズなのになぜか冷静な落ち着いた声が口から飛び出してくることに但馬自身も驚いている

「・・・前に、雑誌見て食べたいっつってたケーキ屋で買ってきたんだけど・・・チョコレートケーキとフルーツケーキ、どっちがイイ・・・?」
「・・・但馬・・・」

腕を出すとすぐに但馬の手が掴んでくれて引き起こしてくれる
新井もどうしたらいいのか判らない・・・今、好きなのは江口じゃない。そう言いたかったのに。江口への好きは憧れで友情だって言いたかったのに上手く言えない間に江口に言葉を掻き消されて言い切られて・・・親友のこの性格はずっと知っていた。受け入れてきた・・・だからこそ強く言うことが難しくて・・・優しい但馬の表情に混乱して上手く考えられなくて泣き出しそうなのを拳を握って耐える

「コーヒー淹れますから・・・ケーキ、どっちがイイか決めてくださいね」




にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

あー今回コイミズ本気で筆が進まない・・・書いては消して書き直してます・・・そんな時間ないっつーのっ!!!頑張れっ!私っ!!!

ところで、設置したCP投票なんですが、チラチラ結果見てニヤニヤしております。やっぱり強いなぁ。ここのメインだけあるよ。須野と里見ーーーーっ!柿内たち頑張れーと密かに思ってるのだけれど、たぶん前回は「須野と里見の一択」と思っていたハズで自分の変化に驚いているというか柿内イイ男に成長させすぎたぁぁぁぁぁっ!!!って脳内で叫んでいる所です。えぇ。ホント柿内ったらイイ男・・・(あ、うん。今回のコイミズ但馬も立派な男にしますよ。立派な・・・うん・・・うん)
関連記事
スポンサーサイト



comment

: あや @-
何だか…但馬が可哀想!
それに、瑞貴がハッキリしないから
もうお説教したい!
それに江口!横からかっさらうなんて
卑怯よ!
江口の株が暴落代しそう
2017/03/04 Sat 06:59:26 URL
Re: タイトルなし : 水尾 央 @-
>あや様
コメントありがとうございます♪
但馬可哀想ですよねぇー;江口の株は大暴落させておきたいところなので江口にはひたすらキー!ってなってくださるとうれしいです^^
新井はもう・・・なんていうか説教してやってください。正座させて泣かせてくださいー
2017/03/06 Mon 21:05:25 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する