FC2ブログ

青春はプールの中で10-3 - 04/19 Wed

trackback (-) | comment (0) | 青春はプールの中で
柿内がよろよろと疲れ切った体で部屋に戻ると明かりのついた部屋に少しだけ微笑んでリビングを覗く。ソファで眠る柚木を見てそのままふらふらバスルームへ向かい、熱いシャワーを浴びる

寝不足の体にこの時間までのバイトは正直きつかった。それでも今日は部屋へ戻れるという目標があったから頑張れた。でも、部屋へ戻れた安心感から一気にやってきた疲れ。目を瞑ったらこのまま眠れそうな気がした

「あー、もーダメ。バイト辞めっかなぁ・・・」

柿内は新しい下着とシャツを着るとリビングで眠る柚木に近くにあったタオルを被せて電気を消し、自室のベッドへ倒れこむ
久し振りのベッドは優しく柿内の疲れを包み込んですぐに眠りの世界へと誘う

ホントは柚木を部屋のベッドまで抱えて行って寝かせたかった。柚木だって毎日練習で疲れているのだからちゃんとベッドで寝かせたかった。でも、体が言うことを聞かない・・・ただ疲れて。そしてこの部屋へ戻ってきた。柚木のいるこの部屋に戻って来たという安堵感で




「ん、ん・・・んん?」

柚木は目を開ける。寝てしまったという思いと、部屋が暗いこと、かけた覚えのないタオルを握りしめて「柿内?」と呟き立ち上がるが、返事もなくてそっと柿内の部屋へ入るとTシャツと下着だけでベッドに倒れ込んで寝ている柿内を見て小さく笑ってベッドへダイブする

「柿内ー眠いー?」
「ん・・・んー」
「疲れてんなぁー。でもオレのこともかまえよー」
「ゆ・・・きさ・・・1時間・・・眠ら・・・て。そ、たら・・・がんば・・・んー」

柚木はふはっと笑うと柿内の頭を撫でて柿内の体を抱きしめる
寝ながらも喋ってる年下の恋人が可愛くて。自分よりも随分大きな男なのに可愛く見えて仕方なくて

「おやすみ。柿内」

そして柚木も目を瞑る
本当はもう眠くなかった。柿内が戻ってきて嬉しいから。でも、こんな姿を見てしまったら柿内を起こすのも可哀想で・・・だから一緒に眠ることにする
こうして隣で眠るのも久し振りだから。柿内の匂いも久し振り。柿内の体温を感じるのも久し振り





柿内はふわふわ気持ちいい感覚にぼーっと目を開ける
まだ薄暗い部屋。でもここは自分の部屋でベッドが柔らかくて気持ちよくて・・・そして何故か下半身も気持ち・・・

「ちょ!は?!」
「おひた?」
「な、っ・・・」

柿内の下半身に顔を埋めた柚木が顔を上げて口から1度柿内自身を離す

「おー、やっぱり覚醒すると反応よくなるなー」
「何・・・してんだよ」
「あー?お前言っただろ?1時間眠らせてくれたら頑張るって!でももうそれ以上寝かせてやった!だから勝手に頑張ってもらうかーって」
「だからって」

柚木が「よっ」と柿内の体を跨ぐ。シャツ1枚なのが判って柿内は「うわぁ」と呻いた

「まぁ、お疲れの柿内くんは寝ててもいいけどな?」
「っ?!・・・くっ・・・ま、じっ・・・かよっ」

腰を落としていく柚木の腰を思わず掴む。けれど簡単に飲み込まれていき、快楽が押し寄せて漏れそうになる声に唇を噛む

「お前っ、溜めすぎじゃね?いつもより、でっか・・・熱い・・・」
「待った。待った待った待った!動くなっつーの!久々すぎてっつかエロいっ!あんたっ・・・ぐっ・・・」

柚木の腰使いに口を押さえて快楽を耐える
積極的なのは昔から。思い切りがいいのも昔から。でも、この色気は・・・

「気持ちいい?なぁ、いつもよりバキバキだけどっ・・・ヤバい。オレも気持ちいいっ」
「・・・っ・・・待った・・・クッソ」

腰を掴まれるとすぐに下から突き上げられて息ができなくなる程の重量感と同時に快楽が襲ってくる

「んあ」
「あー、やっべ。マジ気持ちいい・・・でもっキツいっ・・・そんな締め付けんなって」
「はっ・・・やっ、出るっ」
「オレも出そ・・・」
「達く?一緒っ・・・達く?」
「く・・・そっ、可愛すぎかっ!」

達した後、荒い息を整えると急におかしくなって2人声を上げて笑い出す

「よぉ。柿内。久し振り」
「あーもー・・・っとにあんたなんなのそのエロさ。やべぇだろ」
「誰のせいだ?あ?」
「オレじゃねぇだろ!」
「お前だろ!」
「オレにそんな技量ねぇの判ってんだろーが」

そしてまた吹き出す

「あー、柚木さん、柚木さん・・・抜かない気?」
「お前、この程度でオレが満足するって思ってんの?」
「まぁ、今日はオレもまだまだイケそうだけど・・・伊達にずっと禁欲生活してたわけじゃねぇぞ?」
「ほぅ?んじゃ先に打ち止めになった方が負けな?」
「や!それ、バカだから!そんな勝負ただのバカだから!」

色気なんて感じられないやり取りだけどそれも楽しくて。気持ちよくて。また笑い合うと口付けを交わしてベッドの軋み音がただ響いていた







にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

積極的な受が好き(2次創作だとそうでもなかったりするけれども)

っていうか、ホント書いてて思うけどこんな好きなCPSSUPして(何このアルファベットの羅列w)性癖バラしてる自虐的行為なんじゃないかっていうさ・・・
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する