FC2ブログ

青春はプールの中で10-11 - 04/27 Thu

trackback (-) | comment (0) | 青春はプールの中で
柚木が合宿でいない間、柚木が戻るまでに色々カタをつけようといつも以上に真剣に取り組む柿内
それでも教授は柿内が完璧だと思って提出したレポートもいつも通り突っ返してきて頭をクシャクシャと掻き毟りながらも必死に1週間を耐え忍ぶ

「柿内、大丈夫?」
「あ?」
「や、なんか顔色悪い」
「ん、今日は帰る。絶対全部終わらせてあのクソジジイに文句も再提出もさせねぇ」

顔色が悪いと沙耶に指摘されたけれど、それは柿内もわかっていた
体が朝からいうことを利かない気がしたし、暑いのに冷房が寒くて体が重いのだ

「いや、っていうか教授今いないし。今日来るの?再提出言われないし無理言わないと思うけど・・・っつか、ちょっとごめん」

沙耶の手が柿内の額に触れて「熱っ!」と言われる

「熱あるよ?!しかもかなり高いでしょ!これっ!すぐ帰りなって」
「・・・クソ。今何時?」

時計を見上げると昼前で、今帰って寝れば柚木が戻るまでに回復するかもしれないとため息を吐くとパソコンを片手に立ち上がる

「帰る」
「うん。それがいい」
「あー、クソジジイが来たら柿内は死んだっつっとけ」
「おーう」
「やべぇ・・・気持ち悪」

フラフラと研究室を出て行く柿内を心配そうに見ながら沙耶は鍵を掴み立ち上がる

「それ、原付乗って帰るのムリ!とりあえず送ってく」
「いや、いい・・・帰れる。柚木さん帰って来るし」
「事故ったら困るだろ?柚木さんにも心配かけんだよ?!ありがたく送られろ」




結局、沙耶に送ってもらって良かったと思う程部屋へ戻ると調子が悪くなり、熱すぎる体に着ていたもの全て脱ぐ

「っ・・・暑い・・・気持ち悪・・・」

目を瞑ってもぐるぐる回る感覚に吐き気を感じる
冷蔵庫へ這って行きペットボトルを取るとそれを半分一気に嚥下する
またベッドへ戻ろうとするのに部屋までが遠すぎてフローリングに熱を移すように床にべったりと貼りつく

「気持ちいい」

そう呟いて柿内は意識を手放した





「ただいま・・・柿内ー?もういるのかー?」

合宿から戻った柚木が玄関に柿内の靴があるのを見て部屋の中へ呼び掛けるが返事もない

「帰ってきたー!もういるってことは期待しまくって早く帰ってきたんじゃねぇ・・・柿内!」

キッチンの床に下着1枚で倒れる柿内に慌てて駆け寄るとすぐに抱き上げて熱い体に柿内の不調を感じる

「柿内!柿内っ!しっかりしろって!大丈夫か?!柿内っ!!!」
「・・・柚木さん・・・」
「うん。柿内、どうした?」
「悪い・・・動けなかった・・・床、気持ちよくて」
「あぁ、熱あんだな?移動しよう。掴まれ」

柚木の肩に腕を回すとゆっくり体を起こされてソファへと移動する

「熱だけか?」
「気持ち悪りぃ」
「メシは?」
「・・・昨日・・・いや、一昨日食った気がする」
「っ・・・無茶な生活しすぎだろ!とりあえず寝てろ。ちょっと買い物してくる」

立ち上がった柚木の腕を掴む

「柚木さ・・・悪い・・・」
「あ?!」
「疲れてんのにっ」
「いいから寝てろ」

無理やり柿内をソファに沈めると足早に部屋を出て近くのコンビニでスポーツドリンクとエネルギーゼリーに自分の弁当も買い、すぐに部屋へ戻る

「柿内、体、ちょっと起こせ」
「ん・・・」
「スポドリ飲め。んで、ゼリー・・・ちょっとでも腹入れたほうがイイと思うから」

肩で息をする柿内の体をタオルで拭う

「あー、濡れタオルのがいいのか・・・柿内、それ、飲んでろよ?」

柚木が濡れタオルを持って戻ると柿内は買ってきた飲み物とゼリーを少し口にしてもう目を瞑っているところでそっと温かいタオルで汗の浮いた肌を拭う
兄の球のように盛り上がった筋肉はない細身の体に程よく綺麗についた筋肉。熱で少し紅潮した肌に汗が浮いて荒い寝息が情事を思い起こさせるようにエロティックに見える

「・・・あー、何考えてんだオレ」

柚木は小さく頭を振ると暑くて脱いだのだろうが何も着ていないのもどうかと思い、Tシャツを持ってきて着せようとする。しかし、意識のない人間に服を着せるのは思った以上に難しくて小さく唸った後、中途半端に着せたTシャツをどうしようか悩んで「まぁ、いいか」と放置した

「ユズ・・・ユズっ」
「どした?」

柿内がいるのに部屋でひとりコンビニの弁当を食べるのは寂しいと思っていると名前を呼ばれて振り返る
何度も何度も名前を呼ぶのにうわ言で呼んでいるだけで意識もない柿内の頭を優しく撫でる

「ここにいるから」

聞こえているかもわからないけれどそっと耳元でそう返す
調子が悪くて助けを求めるような声で自分を呼び求められることがこんなにも愛しく感じるだなんて初めて知った









にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

夏に熱出るときっついよねぇー・・・っていうお話(雑)
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する