FC2ブログ

透き通るブルー4 - 05/24 Wed

trackback (-) | comment (4) | 透き通るブルー
水着に着替えた高尾がプールへと戻ってきたが、ガクガク小刻みに震えていてとてもさっきまで威勢を張っていた人間と同一人物だとは思えない

「た、高尾大丈夫?!」
「さ、寒い」
「やめてもいいんだぞ?別に無理することは」
「いや!勝つんで!オレ、勝つんでっ!」

さっきと同じ勢いだけれどガクガク震える高尾はとても勝てるような雰囲気はどこにもなくて山辺はため息をついた。相変わらず極度の寒がりで水泳には向いていない・・・
そもそも、寒がりなのは自分でも判っているハズなのにどうして中学の時も水泳部を選んだのか・・・そして、高校でも水泳部の入部届を出していたのか・・・

少しストレッチをした高尾が足の先をプールにつけて飛び上がる
プールで泳ぐ水泳部員たちを見て頭おかしい。そう思いながら1度ざぶんとプールへと浸かってプールサイドへ打ち上げられた魚のように飛び上がった

「高尾ぉーーー大丈夫?」
「よ、よし、やる!やるぞ!」

後には引けなかった。もう引けない。引くつもりもない
大袈裟に震える高尾だったけれど高尾の決意は明らかで野原がホイッスルを咥えると短く数回鳴らす

ガクガク震えながらもコースに設置された小さなスタート台へ上がる高尾の隣で巴も同じように上がる

「よーいっ」

つま先をスタート台にかけると飛び込みの姿勢を取る

ピーーーーッ

さっきよりも大きな笛の音がプールに響いた瞬間2人はスタート台を蹴ってプールへと飛び込んだ

パワースイマーだと言われている巴の泳ぎはもう皆が知っている圧倒的力で周りをねじ伏せるような泳ぎ・・・水を打ち、水を掻き分けていく様子は野原がつけた通り戦艦のように大きく力強いもの
でも、今日、皆が「おおっ」と声を上げたのは巴の泳ぎにじゃない

ガタガタ震えていた高尾の泳ぎ・・・水に入ればその震えは見えなくなったけれど、きっとまだ冷たい水は肌に刺さるように感じるだろう

巴に比べれば大きくはない高尾だったが、水をも味方につけるような、いや、水が自ら高尾を前に進ませているような泳ぎ

静と動、いや、静と剛・・・そう表現されるのが正しいレース

「おい、2人ともこないだまで中学生だった奴らかよ」
「あいつ、ホントに結構・・・いや、すごいやつじゃないか」

口先だけじゃない泳ぎ
巴の泳ぎに圧倒されない泳ぎ
どんどん水に押し進められていく高尾の泳ぎ

「高尾・・・?」
「どうした?山辺」

高尾の泳ぎに驚く山辺。山辺は今までにも見てきただろうと盛谷は山辺に声をかけると「違う」と呟いているのが判る。中学の時より速くなっているのかと思うと再び「違うっ」と今度は強く言いながら盛谷を見る

「あいつもパワースイマーなんです」
「は?いや、だって」

パワースイマーと言うほどの力は感じない。ターンをする巴。ダン!と響くような衝撃を離れたプールサイドでも感じるのだから相当の力で壁を蹴っている。そして再びダンッと衝撃を足の裏から感じて巴に少し遅れを見せながらターンをした高尾。さっき、感じた巴のターンと同じような、いや、それ以上の衝撃

「な・・・」

ターンを切り、浮上した高尾のさっきとは全く違う泳ぎ。水を打つ音を感じる。ビリビリとするような水の破裂音

「あ、高尾だ」
「これはっ・・・」

皆が息を飲む。巴との差は明らかなのにもう追いつけない距離だと思うのに追いつきそうな気迫を高尾から感じる
静と剛から動と剛へ移り変わる

「高尾ぉぉぉーーー!ラストぉぉぉぉーーー!」

山辺の声が響く。普段声を荒げたりしない山辺の叫び声。さっきまで自分たちをバカにするような発言をして巴に差を見せられて凹めばいい。そう皆が思っていたのに心のどこかで願わずにはいられない
この中学生最強と呼ばれた戦艦のような男に勝つ人間がいるとしたらきっと高尾のように燃え上がる闘志を隠しもしない男・・・そして、巴の泳ぎを見ても怯まない男

レースとしての時間は酷く短いもの。もっともっと見続けたいそう思うのにあっという間に決着がついてしまう
最初から皆が予想した結果。でもその内容は皆が予想しなかった、できなかった内容








にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

あれー?なんかすごい水泳シーン書きたかったわりに大したこと書けてない・・・
関連記事
スポンサーサイト



comment

管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/05/25 Thu 00:13:01
管理人のみ閲覧できます : @
このコメントは管理人のみ閲覧できます
2017/05/25 Thu 04:50:28
Re: 5がないのですが? : 水尾 央 @-
>さき様
コメントありがとうございます。
いつもありがとうございます。5話UPしました;私のミスで飛ばしてしまって申し訳ないですー> <
2017/05/25 Thu 17:56:11 URL
Re: 5は何処へ? : 水尾 央 @-
>太郎様
コメントありがとうございます。
ご指摘感謝しますー;
私のミスで飛ばして更新かけてました> <
2017/05/25 Thu 17:57:00 URL

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する