FC2ブログ

つれないキミと売れてる僕11-13 - 07/20 Thu

trackback (-) | comment (0) | つれないキミと売れてる僕
「ね、寛人、どーしたの?さっきからうわの空ー」
「え?」

グラスに口をつけながらそれを飲むわけでもなく唇から離すわけでもない。ただ須野の時間がグラスに入った琥珀色の液体を飲む直前に止まったように見える

「何杯目だったかなーって数えてた」
「えー!余裕だね?!」

笑顔でごまかすのも得意
里見と勘の鋭い葛西の前以外ならなんだって隠せる気がする・・・親友2人の前では無理。何かを隠そうとしても隠しきれない・・・

「なー!この歌!!!」

カラオケでリモコンを操作していた1人が入れた曲が流れ始める

「カミサマのシッポ!懐かしいしっ!何?さっき神尾弟見たから思い出したってー?」
「活動再開するって噂ー!」
「えー!解散したんだろー?」

流れて来た曲は聞き覚えのある曲。前に里見の部屋でも掛かっていた気がする・・・もしかしたらその時からの付き合いで・・・そう考えると胃がキリキリ痛むのを感じてそういえば薬を飲んだかと記憶を辿る

「解散はしてないんだろー?ただ、この作詞やってるメイ レイとメンバーがいざこざ起こしてメイが抜けてから売れなくなったとかなんとかでー・・・まぁ、噂だけど。今更出しても売れるんかなーって所だし」
「神尾弟のファンが喜ぶんじゃね?」
「んで、そのメイ レイが戻って来んの?神尾兄が書くんじゃなくて」
「やる気出すならメイ レイが帰って来るとかじゃねぇのー?売れた曲、この女が書いた奴しかないし」
「美人かねぇ?」
「いやいやー、こんな重い歌詞書く女が美人とはちょっとー」

須野が画面に流れる文字を追って行く

重いと言われる歌詞には共感できて自分は重いのだと言われているように感じる

「まーた寛人が世界入っちゃってるー!ホントどーした?」
「僕、こないだ胃潰瘍で血吐いて倒れて病院運び込まれたの思い出した」
「ええええ!!!」
「なにそれ!聞いてないって!」

周りが驚いた顔で慌ててグラスを取り上げる

「酒、大丈夫?!」
「うん。そう思って飲んでていいのかなーって今考えてた所・・・イイとしても何杯までイイのかな」
「寛人ウケる。ちょっとずれてるし!」
「もう須野は飲んじゃダメー!」
「顔色ひとつ変わってないけどもう結構飲んでるからね?!」

周りに酒の代わりにジュースを与えられて苦笑する
酔いたい。酔って考えることもやめてしまいたい

でも、酔って里見のことを口にしてしまうのも怖いことだけれど






部屋に戻ると部屋の間接照明が小さくついていて自分の部屋は全部消して部屋を出たハズだったのにと首を傾げながらリビングへ入る

「っ・・・」

そこには携帯を持ったままソファで眠る里見の姿があって、ジンジンと愛しさが湧き上がってくる
そっとソファの近くに膝をついて里見の手にキスをする
起こさないようにキスをする。1度里見の手に唇が触れてしまうと愛しさが止まらなくて里見の指を口に含むと細くて長い指を夢中で舐め上げる
里見のことが好きで苦しい。それは今に始まったことじゃない。好きで好きで好きで・・・この想いをどうしようもなくて毎日里見のことばかり考えて過ごしている。里見に出逢ってからずっと。10年以上ずっとずっとずっと

「ん・・・須野ー?」

起こさないようにしたつもりだったのに目を覚ました里見にハッとして口を離したが、濡れて小さな明かりにてらてらと光る指を見て里見が小さく吹き出した

「なんで手なんだよ」
「ぇ・・・」
「どーせなら・・・」

里見が体を起こして須野の頭を引き寄せるとキスをしようと顔を近づける

「っ!!!ヤっ!」
「・・・は?」

避けられたキスに目を丸くする里見。避けたことに自分でも驚く須野

「僕、僕・・・」
「あー、何だよ。浮気でもしちゃったかぁ?」

軽い冗談
須野が浮気なんてするはずがないと判っているからの冗談。いつもなら優しく笑って「そんなはずないじゃん」と須野が抱きしめてくれるのに急に表情を怒りの様子に変えた須野をまっすぐ見つめる

「浮気、してるのは里見でしょ!!!」





にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

PCが壊れて再起不能って言われてからもうテンション下がりすぎてどうしよう・・・どうしよう・・・ばかりで全然書けなかったんだけれど、PCが直るって連絡が来てからやる気がすごい出てスマホで書いてたのにやっぱり調子が出なくてぐるぐる同じところで回っていた私。きっとこれはPCが帰ってきたら・・・帰ってきたら・・・と思ったけれど、そうじゃなくて上手く書けないっていうぐるぐる脱出できてなかったという水尾のどうでもイイ話

須野は葛西や里見といるときと普段は全然違うと思うけれど、柔らかい笑顔は変わらないと思う
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する