FC2ブログ

つれないキミと売れてる僕11-25 - 08/01 Tue

trackback (-) | comment (0) | つれないキミと売れてる僕
遠田の部屋へ着くと遠田の後ろに隠れながらも顔を覗かせる成正

「やっべ!超顔小さい!足長っ!ナマで見るとすっげっ!」
「ごめん。須野くん」
「ううん。初めまして。須野です」
「あ!オレ!神尾です!神尾弟とか成正って呼ばれてるから適当に呼んでイイよ」
「おい・・・成正。いい加減にしろよ」
「何がっ!」

須野が「いいよいいよ」と微笑みながら遠田の部屋へと上がる

「里見のことだよね?」
「須野くんって光くんの隣の部屋に住んでるってホント?」
「うん。ホントだよ」
「光くんって元気!?突然連絡取れなくなったんだけど大丈夫?生きてる?!」
「うん。大丈夫。携帯、壊しちゃったんだ」

困ったように笑いながら須野が優しく答えると成正は「よかったぁー」と漏らしながらソファへと勢いよく体を預けた

「光くん、前にも連絡取れなくなったことあってー、また10年くらい連絡取れなくなっちゃうんじゃないかって悩んでたんだぁー」
「前・・・はアレだね・・・里見の家族が事故に遭って」
「んー。それ、全然知らなくてー!作家の仕事が忙しくなって切られたとかかなーって勝手にオレら思ってたんだよね」
「須野くん、紅茶でもイイ?」
「うん。気、遣わないで。ありがとう」

遠田が手持ち無沙汰で須野に尋ねるが、やんわり断られて何をしたらいいのかと悩む
里見のことも知ってはいるけれど、会話に入れるほど詳しいわけでもない

「えっとね、今、里見仕事中だけど、仕事終わったら一緒に里見の部屋、行こうか?」
「うん!オレ、光くんにすげぇ言いたいこともあるんだ!」

成正は何も知らない。里見の携帯が突然繋がらなくなった理由も、成正と里見が一緒にいる姿に須野が嫉妬したことも

「里見と、仲イイんだね」
「うん!仲良し!!!オレ、光くんのこと超大好きだもんっ!」

満面の笑みでそう言った成正に消し去ったはずの嫉妬心が再び燃え上がる気がした
里見は愛されるべき存在。当然、自分以外の人間も魅了するのも判っている。でも、里見は自分のもの・・・里見が抱きしめてくれるのは自分だけ・・・

「あーっと・・・成正!里見さんに会うならなんか持って行かなくていいのか?」
「あ!ビール買いに行く!光くん、ビール持って行けば機嫌イイ!」
「じゃ、じゃあ・・・里見さんが仕事終わる前に買いに行っておかないと」
「うん!じゃあ、行ってくる!!!須野くん!ここで待っててくれる?」
「うん。待ってるよ」

須野が柔らかい笑顔を見せると手を振りながら部屋を出て行く成正

「・・・須野くん、なんかごめん」
「遠田くんが悪いんじゃないし。そもそも、里見が連絡取れなくなったの僕のせいだから・・・ね」
「え!・・・そうなの?」
「うん・・・僕がね、ヤキモチばっかり妬くから・・・優しい里見はヤキモチの原因だと思った携帯、コーヒーに沈めちゃったの」
「・・・すっげぇ。なんかすっげぇ!!!オレ!絶対できないしっ!」

遠田が尊敬するかのようにそう言うと須野が苦笑する

「ホント、優しいでしょ・・・里見」
「いや、愛されてんなぁーって!」
「・・・うん・・・うん・・・僕、今すごい愛されてるかもしれない」

微笑んだ須野が少女のようで遠田は「そっか」と優しい笑顔で須野を見た
恋愛対象が妹だった遠田。続いていた禁断の関係は妹が突然現れたプロデューサーと恋に落ちたことで終止符を打った・・・自分がもっと愛していれば関係は変わったのか。今でもたまに考えるけれど、今更全部無駄なこと。異常だと世間で言われる関係よりも今の妹の恋愛を応援するだけ。妹を愛するひとりの兄として・・・

「遠田くん、神尾くんと友達だったんだね」
「共演してから懐かれてる」
「アハハ。なんか人懐こい感じだね。神尾くん」
「なんだろ・・・弟?みたいな」
「あー・・・里見もそう言ってたなぁ・・・弟みたいな存在って・・・里見も遠田くんも妹いるから弟って感覚なのかなぁ・・・僕、ひとりっ子だけど神尾くんが懐いてくれたらそう思うのかなぁ?」
「・・・どうだろうねぇ」

遠田は苦笑する。成正に懐かれたとしてもきっと自分のようには感じないだろう・・・というのが正直な感想。里見のことを大好きだと言った成正に一瞬表情を変えたのを見逃さなかった。須野の愛が大きく、重いものだと今まで付き合ってきて判っている。里見が携帯を沈めたのも須野の重過ぎる愛に応えたからだとも想像できたから






にほんブログ村 BL・GL・TLブログ BL小説へ


にほんブログ村

遠田くんを意外と覚えていた方が結構いて驚いたのと同時に感謝、そして反省しておりますー
遠田はもっともっと早めに絡む予定だったんだよなぁ・・・遠田の妹も出てくる予定だったのに入る余地がなくなって、その代わりに成正なのです・・・

それはそうと・・・8月だよっ!もう今日から8月だよっ!!!あー早いーーー早いよぉぉー
関連記事
スポンサーサイト



comment

コメントを送る。

URL:
Comment:
Pass:
Secret: 管理者にだけ表示を許可する